2020年05月16日

分散登校で感じる自然体験の喜び


リンゴ畑の花摘み作業を行いました。

8.JPG

7.JPG

この白い花が散ったら、そこに実ができてきます。
楽しみですね。



さて、
長野県における緊急事態宣言が解除されようかという5月の連休明け。

グリーン・ヒルズでは、
クラスごとの分散登校を実施しました。


今年度のクラスは、
1・2年生クラス
3・4年生クラス
5・6年生クラス
中学校クラス

という4つのクラスで構成されているため、
1週間に各クラスが1日ずつ分散して登校します。



1・2年生クラスは、

3.jpg

校庭に机とイスを持ってきて青空の下で学びます。
三密とは縁遠い気持ちのいい空気のなかで、
待ちに待った学習に取り組みます。




またある日は、
かつての卒業生が作った東屋で、
子どもたちが学習していました。

1.JPG


3・4年生クラスです。

2.JPG

この度の新型コロナウイルスにも関心高く調べたり考えたりしている彼らは、
「これからの私たちの世界はどうなっていくのか」
というテーマを宿題にもち帰りました。




5・6年生も
校庭で大いに体を動かし、学びます。

5.jpg

バスケットボールを持って走り回り、
得点を重ねるゲームで運動していました。



中学生クラスは、

4.jpg

校庭でサッカーをしたり、
春の植物を探して顕微鏡で観察する理科の授業などに取り組みました。



パソコンやタブレット、なかにはスマートフォンの小さな画面でコミュニケーションをとっていた生活から、
ようやく学校に来てクラスメイトと遊び、学ぶことができるようになりました。

6.JPG

子どもたちにとっては、これが何よりの喜びです。


7.JPG

ご飯がこんなにおいしいのも、
友だちといっしょに食べるからこそです。


これまで、
当たり前だと思っていた自然の中で遊ぶことは、
実はこんなにも尊いもので、喜ばしいことだったのだと、
大人も子どもも感じることができました。

グリーン・ヒルズは、
美しく豊かな自然環境とともにあります。


私たちはその価値を再認識し、
その大切さを伝えていくことが重要なのだと感じます。



「いっぱい走り回れたし、友だちと会ってお話とか勉強ができてすっごくうれしかった。」

小学2年生の子が分散登校の日のふり返りで発表した言葉です。

これからも学園全体が感染拡大の場とならないように配慮して、
自然の中での豊かな体験活動に取り組んでまいります。


8.JPG


直江
posted by greenhills-school at 15:00| 日記

2020年05月15日

臨時休業がもたらしたもの


校庭にたくさんの野鳥が訪れています。

1.JPG

こちらはクロツグミ。
歌うようにさえずります。


グリーン・ヒルズでは、
4月初旬の入学を祝う会のあと、すぐに臨時休業に入りました。

その後日本には緊急事態宣言が発表され、後にそれが長野県も含む全国に拡大しました。
新型コロナウイルスの猛威は留まるところを知りませんでした。


それでも、
子どもが教育の機会を得られないことは、
彼らの、そして彼らと創る未来にとって大きな損失です。

単に授業時間数や学習の進み具合の問題ではありません。
小・中学校時代を過ごすグリーン・ヒルズにおいて、
教育としての体験価値の第一はコミュニケーションです。


そこで始めたのが、
オンライン通話を用いた「おはなしタイム」。
「担任系YouTuber」をテーマにしたYouTube動画配信。


いずれも、
学校とつながっている感覚を味わうことがねらいで、
コミュニケーションを通して育ちの基盤となる関係性を育みます。

2.JPG

3.jpg

オンライン通話では、
担任やクラスの仲間と、
オンライン空間での再会を喜び合います。


4.jpg



YouTube動画では、
飯綱の自然紹介、ヨガ教室やアート教室、
山菜採りやバードウォッチング、
中学校の新しいスタッフの授業など
をお届けしました。

5.png
https://www.youtube.com/watch?v=z93Vcz8zT7E&t=9s

6.png

知識伝達の詳しさや、YouTuberのような面白さに比べたらささやかですが、
担任が登場することで、人柄を知り、グリーン・ヒルズでの学びがイメージしやすくなります。





このたびの臨時休業は、
私たちに本校の役割をあらためて考える機会をもたらしました。


先日ある中学生に、
「今、どんな力が必要だと感じてる?」
と質問したところ、

その子は、
「オンラインで学ぶためのIT機器の・・・」
と言いかけたところで、
「やっぱり、自分で目標や計画を立てて学習する力かな」
と答えました。

さすがはグリーン・ヒルズ育ちのマインドです。

テクノロジーを活用した教育に移行することはもちろんですが、
そのなかでも「関係性を基盤に自律性を育むこと」は重要で、

子どもたちが自律的に学ぶ人となることをサポートする役割を、
あらためて認識した4月となりました。


直江
posted by greenhills-school at 18:00| 日記

2020年04月16日

入学を祝う会と休校



ブログ投稿が久しぶりとなってしまいました。


2020年度が始まりました!

1.JPG

雪解け間近となったこの日、
入学を祝う会を晴れがましく行う予定でいました。

けれどもやはり、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、
本校の入学を祝う会も時間を短縮し、参加人数を縮小して会を行うことになりました。


2.JPG

午前中には在校生が集まって、新しい仲間を迎える準備。

3.JPG

4.JPG

「会えないのはさみしいけど、喜んでもらいたい!」

そんな気持ちが見られてうれしいです。

7.JPG



在校生が帰ったあと、
新しく入学する仲間たちがやってきました!

入学を祝う会です!

入学説明会を十分にできなかったこともあり、
久しぶりに会えた喜びもひとしおです。

8.JPG

先行きの見えない状況でもグリーン・ヒルズに入学してくださった皆さんを、
子どももスタッフも精一杯お迎えしたい。

そんな思いでこの日の会を行いました。

9.JPG

10.JPG

11.JPG

不安と期待に胸を膨らませ、
新しい仲間たちが自己紹介をしていきます。


12.JPG

13.JPG

DSC04514.JPG

14.JPG


参加が叶わなかったご家庭も、
オンライン通話を用いて顔を見ることができました。

在校生の入学をおめでとうメッセージは動画でお見せしました。

入学おめでとうメッセージ.png


新入生、転入生の皆さん
本当に入学おめでとうございます。




入学を迎えた翌日、
改めての休校が決まったグリーン・ヒルズ。


再び子どもたちとは会えなくなってしまいましたが、
電話やおたより、YouTube動画配信やオンライン通話など、
できうる限りのコミュニケーションを通して、
保護者の皆さまや子どもとつながっていきたいと思います。

子どもたちの健やかな成長を願って、
これからもグリーン・ヒルズはありたいと思います。


直江
posted by greenhills-school at 15:46| 日記

2020年04月01日

2030年の地球を救え!D


さぁ、子どもたちとの学びもいよいよ最終段階!
学習を深め、自分のできる行動について考えていくぞ!
表現、発表の場として1年生から6年生までみんなで合宿をしよう!



…ところが。
グリーン・ヒルズにも新型コロナウイルスの影響がじわじわと迫ってきました。
新型コロナウイルスがなぜこんなにも世界中で流行しているのか
この事実に私たちが学んできたことはなにか影響しているか
2030年の地球を救うために重要な課題を投げかけられ、
まさしく先の見通せない時代への突入をみんなで実感しました。



グリーン・ヒルズの休校が決まり、
「みんなでお泊り会、楽しみにしていたのにな。」
「この後、この学習はどうなっていくの?」

スタッフも子どもも突然の出来事に戸惑いを隠せません。


IMG_1032.JPG

最後の日
スタッフが「あなたが世界を変える日」という本を朗読し、
当時12歳だったセヴァン・スズキさんの環境サミットのスピーチをみんなで聞き、
その後、グレタ・トゥーンベリさんの国連でのスピーチを動画で見ました。


世界中のたくさんの大人たちの前で、自分の言葉で訴えかけた子どもがいるということを知った一方で、それでも実感を伴って変化していかない世界についても学んできたみんな。


「こどもは世界を変えられるのか?」


このテーマでサークル対話をすることにしました。

IMG_1039.JPG

どのグループも自分の考えを話し、じっくりと聞き合いました。

「変えられないかもしれない。」
「でも変えていかなければいけない。」
「ぼくも座り込み運動するぞ!」


IMG_1035.JPG


一人ひとりの考えは様々です。

グレタさんの言葉に、こんなものがありました。

No one is too small to make a difference.
(変化をもたらすために、未熟すぎるなんてことはない)



子どもも大人も、
この期間の学びを通して、ほんの少しでも関心を持てたこと、
2030年に向けた、行動のスタートラインに立てたこと、
どんなに小さなことでも、わずかなことでも、
自分自身がこの地球に生きる当事者として、「ジブンゴト」として行動できたら、
この先の未来はすべての生き物にとっていいものにできるのではないでしょうか?


台風被害、温暖化による農作物への影響、そして新型コロナウイルス
地球を取り巻く大きな変化は、
今まさに自分の足元まで迫ってきています。
2030年とその先の未来を変えるのは、「ジブン」の心と行動

この学びはまだ始まったばかりです。


1.JPG



おまけ

学習の後、

「ノートに書いてみたんだけど…」

と持って来てくれた女の子。

HYQN2566.JPG

そこに書かれていたことは、学習を経て自分がどう理解したか、
そしてこれから自分がどう行動していくかをまとめたものでした。
一人ひとりの心に蒔かれた小さな種が、まさに芽を出そうとしています。


尾形
posted by greenhills-school at 08:43| 日記

2020年03月26日

2030年の地球を救え!C


この日は、

1・2年、3・4・5・6年がそれぞれ学んだことについて共有することにしました。



まずは3・4・5・6年生
アップルミュージアムに行ったこと、そこで聞いてきたことを
自分たちのメモをもとに話してくれました。

IMG_0741.JPG

復興支援プロジェクトを通して知っていた台風被害のこと。
それ以上に深刻な農家の現状のこと。
自分たちが力になれることはなんだろうかと改めて考えさせられました。
そして、地球温暖化の影響が本当に後すぐそこまで迫っているという事実に驚きを隠せない様子の1・2年生。



続いて1・2年生。

IMG_0727.JPG

自分たちが読んだ本について紹介しました。

「僕たち人間が捨てたゴミが海まで流れていくと、海の生き物たちがエサと間違って食べてしまうことがあるよ。」
「地球温暖化って、こういう仕組みみたいだよ。」



IMG_0733.JPG

自分たちが調べて分かったことを自分の言葉で伝える1・2年生。
他の人にもこの本を読んで欲しいという気持ちがしっかりと伝わってきました。



そして最後は改めてみんなと考えました。

IMG_0745.JPG

「“わたし”にとって、
この時間の学びはなんのためにあるのだろう?」



まだわからない、という答えの子どもももちろんいましたが、一人ひとりが自分の言葉で、自分なりの答えを語ってくれました。

知る時間、分かる時間、行動を考える時間

子どもたちにとってこの時間が確かに心に種を蒔く時間であることを実感します。

IMG_0742.JPG


つづく

尾形
posted by greenhills-school at 10:00| 日記

2020年03月25日

2030年の地球を救え!B


1・2年生クラスは、
2030年の地球を救うにあたり、
何を、どのようにまなんでいるのでしょう。


IMG_0813.JPG

まずは今知っていること、見たことがあることについて意見を出し合いました。

「山に大きな冷蔵庫とか車とか捨ててあるの見たことある!」
「車に乗ると排気ガスっていうのが出るらしいよ!」
「海のいきものがゴミを間違って食べちゃって死んじゃうらしい!」


すると、知らないことも同時にたくさん出てきます。

「地球温暖化って、つまりどういうことなんだろう?」
「海のゴミってどれくらいあるんだろう?」
「本当に大変なことになっているのかな?」



出てきた疑問について、長野市立図書館で借りてきた本を使い、
一人ひとり調べてみることにしました。

GYRZ5407.JPG

自分の知りたいことが書いてある本を探すだけでも一苦労。
探している途中、気になる内容を見つけたり、さらに深い内容まで分かったり、

「本ってすごい!面白い!」


UIYJ2844.JPG

読めない漢字、意味の分からない言葉は辞書を上手く活用しながら、
ゆっくりじっくり読み進めていきました。

「はじめて知った!」
「知らなかった。ぼくたちはどうしたらいいんだろう?」



すると一人が、ある発見をしました。

「地球は温暖化じゃなくて、“寒冷化”していくって書いてある!どういうこと!?」


PTXL3068.JPG


情報を正しく、偏りなく、自分の目と心で判断し、キャッチしていくことが大切。
自分が見聞きし、知っている気になっていることがとても多いことに気が付いた子どもたち。
高学年の学びともつながっていきます。


つづく

尾形
posted by greenhills-school at 10:00| 日記

2020年03月24日

2030年の地球を救え!A



「このままだと地球はどうなってしまうの?」

小学生みんなの心の中に関心の種を蒔いたあと、
1・2年クラス、3・4・5・6年クラスに分かれてさらに学びを深めていきました。




IMG_0377.JPG

3・4・5・6年生クラスは早速、
飯綱町にあるアップルミュージアムへと出かけて行きました。


この日は
「被災農家の現状と伝えたい教訓」
「異常気象と全国のりんご生産地の現状」

2つの内容について講演会が行われており、
一般参加の方と一緒になって参加をしました。

IMG_0372.JPG

専門用語飛び交う難しい内容でも、質問もして、しっかりとメモを残し、
地球温暖化によって自分たちのりんごにも今後どれくらいの影響が出るのか知りました。


いつか、この場所ではりんごが栽培できなくなってしまうかもしれない。
畑の生態系が変化し、木の病気や害虫が増えてしまうかもしれない。



最悪の想定は実はすぐそばまで来ているのだということを知り、
「地球のためにできること」はますますジブンゴトになっていきます。




3・4年生のアート図工での活動。

IMG_0630.JPG

「Goodな未来とBadな未来」というテーマで2度、絵を描きました。

学び始める前には、地球滅亡のような絵を描いていた子も、
だんだんと想像が具体化し、絵の中にも表れていきました。

IMG_0815.JPG

印象的だったのは、このままいくと地球が大変なことになるだけではなく、
人間同士のコミュニケーションが減ってしまうような絵の表現をした子。
未来を変えていこうと思ったら、どうしても人と人、自然との関わりが重要になってくるね。




さらに
3・4・5・6年生の社会の時間。

「ファクトフルネス」について学び考えました。

IMG_0120.JPG

今目の前にある事実、情報って本当に正しいの?
なんとなくイメージで誤解していることってたくさんある。
データを正しく読み取る、事実を多面的に捉える。
多様な人たちとこれからの世界をつくっていくには必要な力だね。  


つづく

尾形
posted by greenhills-school at 10:02| 日記

2020年03月21日

卒業を祝う会!!




IMG_1245.JPG

春の息吹感じる三月。
2019年度卒業を祝う会を執り行いました。



本校の卒業を祝う会も、
世間の感染症流行の影響を受けての縮小開催となりました。
・在校生保護者の方には来場をご遠慮いただく
・開催の時間を例年よりも短縮


さらに、前日までの臨時休校の措置により、
例年のような準備をほとんどしていませんでした。




それでも、


IMG_7171.jpg

休校直前に子どもたちが張り出した卒業生の写真が、
ホールにはたくさん掲示されました。

メッセージシールを張ったり、絵を描き足したりする子がいます。


さらに、
会の様子はYouTube生放送を利用して在校生保護者の方も観られるように。





IMG_2890.JPG

一番の見どころは、
やはり卒業生全員が自分の言葉で語る
「卒業スピーチ」


伝統となったスピーチで、
4人の卒業生が思い思いに語ります。


IMG_2888.JPG


IMG_2893.JPG


IMG_2899.JPG


IMG_2904.JPG



グリーン・ヒルズでの思い出
この学校を選んで来た理由
いまだから言える秘密にしていたこと
お世話になったスタッフへの感謝
両親への感謝
これからの未来に向けた抱負



彼らの言葉は保護者の方の胸を打ち、
スタッフの心をふるわせ、
在校生みんなの目を輝かせました。



IMG_2913.JPG

在校生も、
垂れ幕のメッセージで卒業生に応えます。

IMG_2921.JPG

「いままでありがとう!」
「GHに遊びに来てね!」
「立派な大人になれよ!」








会はおわり、
卒業生・在校生ともに最後のクラスでの帰りの会を行いました。

1年間ともに過ごした仲間たちと、
休校以来久しぶりの再会を喜びます。

IMG_7174.jpg

1・2年生


IMG_1242.JPG

3・4・5・6年生


IMG_2955.JPG

中学生



これで、
2019年度のグリーン・ヒルズの活動を終わります。
皆さまの応援とご協力に感謝しています。

そして、
グリーン・ヒルズでの学びを終えた卒業生が、
大きく羽ばたいて新しい場所で活躍してくれることを信じています。


IMG_2849.JPG


直江
posted by greenhills-school at 17:49| 日記

2020年03月18日

Let`s Enjoy! お馬さん!



グリーン・ヒルズでは、
小学生のスペシャルタイム、中学生の選択スポーツの中で、
近所にある「飯綱高原乗馬倶楽部」にお世話になり、乗馬体験を行っています。

IJPA7388.JPG




何年も経験を積み重ねている子は、1人でも馬を乗りこなせて、
小学校低学年の子どもたちの憧れの存在になっています。

MWCI2674.JPG

とってもかっこいいですよー♪



DTYW9466.JPG

乗馬倶楽部では、まず初めに馬のお世話、お手入れと
馬に乗せてもらうための「馬装」をお覚えなければなりません。

DNTQ8828.JPG

もちろん、1人でもすべての作業をできるようになることが目標です。


ROUU8776.JPG

自分の体よりも大きくて、重い馬のお世話をする時は、
何よりもまず「怖い」という気持ちをなくすことが大切です。
(これが一番最初のハードル!)






慣れてくると、馬それぞれの性格が分かり、
お世話の仕方にも違いがあることが面白くなってきます。
子どもたちもみんな馬に話しかけながら、悪戦苦闘してお世話をしています。



OAUF6402.JPG

馬装を終えると、いよいよ乗馬です。
馬と自分の信頼関係が試されます。

馬は賢い生き物なので、自分の背中に乗っている人物が
どんな人であるかを瞬時に見抜きます。

なめられても、乱暴でもいけません。




ADKG1835.JPG

人間とは違う、生き物とのコミュニケーション。
気持ちが通じ合って、呼吸があってきて、リズムよく馬と走れた時がとても嬉しいのです!



FCLO5621.JPG

これから春になり、天気がよく外での乗馬が気持ちのいい季節に!
いまからワクワクしています♪


尾形
posted by greenhills-school at 09:00| 日記

2020年03月16日

スキー!スキー!スキー!

飯綱高原はふたたび雪が降り始めました。冬との別れを惜しむかのようです。

今年は本当に雪が少なく、子どもたちは寂しい思いをしたことでしょう。わずかな雪を見つけては、外へ飛び出していく姿がありました。

そんな状況の中、今年は2月10日、13日に冬の自然体験活動でスキーを実施しました。雪不足や天候不順の影響がありましたが、子どもたちの願いも叶ってなんとかできました。

【1日目】@いいづなリゾートスキー場
IMG_0581.JPG

緊張した面持ちの子どもたち。おそらく、大半の人が今シーズン初めてのスキーだったのではないかと思います。

IMG_0593.JPG

DSC_4355.JPG

コース別に分かれて、サクラメントプロスキースクールの先生方のご指導により、それぞれ基本からみっちり教えて頂きました。

IMG_0621.JPG

IMG_0614.JPG

さすがはグリーン・ヒルズの子どもたち!アドバイスを受けてどんどん上達していきます。

IMG_0993.JPG

IMG_0998.JPG

【2日目】@飯綱高原スキー場
やっぱり最後は“ホームグランド”で、という思いが叶いました。
BPUJ9796.JPG

厳しいコンディションの中でも積極的にチャレンジしました。
IMG_0636.JPG

IMG_1033.JPG

IMG_1030.JPG

ゲレンデを滑走する子どもたちの表情が、どんどん自信に満ちていくのがわかります。島田校長から「みんな本当によく頑張った!上達した!!」というお褒めの言葉を頂きました。

IMG_1034.jpg

最後は、雄大な飯縄山をバックにみんなで記念撮影!

DSC_4371.JPG

サクラメントプロスキースクールの先生方、ご指導ありがとうございました。そして、長年私たちの活動を支えて下さった飯綱高原スキー場の皆さま、本当にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

IMG_1048.JPG

青木
posted by greenhills-school at 10:55| 日記