2019年10月29日

学校林ってなんだろうA

今月からスタートした「全校自然体験活動」。ちなみに、この活動には別名があります。「グリーン・ヒルズ学校林プロジェクト」。略して「GHGP(Green Hills Gakkorin Project)」。

当初の予定では第2回目は10月15日に実施する予定でした。しかし、台風19号の影響でその日は休校となり、活動は延期となりました。学校周辺は倒木による停電などが数日続きましたが、2日間の休校を経て、子どもたちとは無事に再会。

IMG_7881.JPG

被災した学園スタッフがいたことや、市内の被災状況をみんなで確認し合いました。決して「他人事」ではない現状を目の当たりに。

その後、台風の痕跡を確認すべく、学校周辺や「学校林」までのルートを歩きました。

IMG_9420.JPG

IMG_7882.JPG

根こそぎ倒れる木。

IMG_7884.JPG

IMG_9423.JPG

根の深さ、台風の猛威。当初の計画を見直す必要がありそうです。

そして迎えた10月29日。第2回目の活動。しかし、この日はあいにくの雨。小雨決行と意気込んでいましたが、朝から次第に強くなり、室内での活動に切り替えました。

IMG_9502.JPG

そうとなれば、今後の活動をより充実させるべく、講師の安藤さんを囲んでみんなで話し合いをしました。テーマは「安全に作業するために」。

IMG_9513.JPG

グループに分かれて、「ノコギリで木を切るとき」をイメージして、様々な危険を出し合いました。

IMG_9514.JPG

グループごとに発表。安藤さんから「プロ顔負け」のお墨付きを頂きました。

IMG_9504.JPG

IMG_9512.jpg

後半は、チェーンソーの使い方講習。

IMG_9506.jpg

はじめて手にするチェーンソーに興味津々。

IMG_9509.jpg

中学生は「次回ぜひトライしてみよう」という安藤さんからのお声がありました。

安全について、用具の使い方について学んだ私たち。「こんな学校林にしたい」というイメージを持ち始めた私たち。次回は11月12日です。

青木
posted by greenhills-school at 17:04| 日記

2019年10月28日

りんごの収穫はもうすぐ!!



この度の台風19号の影響で、
長野の各地も河川の氾濫や強風による倒木などの被害がありました。

被害にあわれた皆さまにつきましては、
心よりお見舞い申し上げるとともに、
1日も早く平穏な日常が戻ることを祈るばかりです。


1.JPG

2.JPG

校舎のまわりも多くの倒木があり、
学校も2日間臨時休校になりました。



さて、
グリーン・ヒルズのりんご園はどうだったかというと、

4.JPG

幸いなことに8本の木すべてが無事で、落果もほとんど無くみんなで安心しました。


「よかったねえ」
「前の日に支柱増やしたりしてたおかげかな」
「芋井は台風に強いのかな」


5.JPG

りんごが無事でホッとしています。


けれども、
子どもたちと考えました。

「ぼくたちのりんごは運よく無事だったけど、他のたくさんの農家さんがたいへんな思いをしているんだよね。」

6.JPG


私たちはこれから、
りんごを収穫して販売活動を行います。

けれどもそれができない農家さんのために、
自分たちにできることは何だろう。

同じ小学生の子たちで、
まだ学校に行くことができない子たちのために、
自分たちにできることは何だろう。


そんなことをりんご会議で話しました。


11月には、
毎年このプロジェクトの販売体験として参加している
「善光寺びんずる市」があります。


「ぼくたちのりんごを売った売り上げが、何かに役立つかも!」


そんな希望ももちながら、
販売に向けたアイデアを出し合いました。



グリーン・ヒルズのりんご園プロジェクトが
善光寺びんずる市に参加するのは、
11月9日(土)です。

足を運んでいただけると幸いです。

10.JPG


直江
posted by greenhills-school at 17:41| りんご園プロジェクト

2019年10月11日

お祭り騒ぎ!学園フェスティバル!


9月のおわり。
今年もいいづな学園フェスティバルの時期がやってきました!
今年で第11回となった学フェスです!


学園フェスティバルは、
いいづな学園の大人も子どもも、仲間たちが集まって楽しむお祭りです。

昨年度は雨の学フェスでしたが、

今年は雨もなく、
寒すぎず暑すぎずと、
恵まれたお天気の中で行う事ができました。


1.JPG

まずは、実行委員会にも参加したグリーン・ヒルズの子ども代表「ホストリーダー」による開会宣言です。


おそろいの「祭」の文字が入った法被(はっぴ)は、
今年のテーマ「お祭り」を表現したものです。

今年のテーマは実はけっこう長くて、
「みんなによる、みんなでつくる、みんなのための祭り!〜楽しみ!笑い!自然とわっしょい!〜」というものでした。
覚えていたかな?



4.JPG

そして、
会場に貼られたこの幕は、
こどもの森幼稚園の子と、グリーン・ヒルズの子の共同作品です。


2.JPG

3.jpg

事前に交流を兼ねて、作品を作ったり、歌とダンスの練習をしたりしていました。



さてさて、
学フェスでは、子どもと大人のお店がたくさん並んでいまいした。

5.JPG

6.JPG

保護者の皆さまのおいしい食べ物や、
子どもも大人も夢中になっちゃう体験コーナー。

7.JPG

8.JPG

小中学生が作った楽しいゲームコーナーもありました。


ステージでは、
コンサートやヨガ教室、フラダンスなどなど・・・。

10.JPG

毎年の事ながらたくさんの方がこのイベントを盛り上げてくださり、
本当に感謝しています。



グリーン・ヒルズの子たちはクラスのお店も出していましたね。

1・2年生は、
「こどもレストラン」とテーマを決めて、
クラスの畑で育てた野菜を使ったスープやロールキャベツなどを作っていました。

12.JPG

たくさんのお客さんにほめてもらって、
とっても満足そうな笑顔で楽しんでいました!!


3・4・5・6年生は、
クラスで協力して計画したたこ焼きやドリンクコーナー、
それから「プロジェクトで作ったものを出したい!」と自ら計画した子が作ったシフォンケーキ・豆腐の白玉団子・タピオカドリンクなどなど、とにかくたくさんの商品を出していました。
料理やお菓子の他にも、
アクセサリーやハ―バリウム・本やマンガ・映画を作った子もいました。

13.JPG

グリーン・ヒルズでも一番人数の多いクラスで、
やる気満々で臨んでおりました!


中学生は、
クラスの畑「勇気農園」で採れた野菜を使い、
「勇気商店」を開店!

本格的なパンやおやき、
そして中学3年生が長くプロジェクトで続けている「手作り石けん」なども販売していました。

14.JPG

さすがのクオリティーで、お客さんの間でも評判でしたね。


保護者の皆さまの積極的な参加に支えられて、
今年も学園の仲間たちが楽しく笑い、交流するイベントとすることができました。
本当にありがとうございます。


そして、
1年間のなかでも大きなイベントを乗り越えたグリーン・ヒルズの子どもたち。
この学フェスをきっかけに、さらに新しいプロジェクトが始まっていくことを楽しみにしています。

11.JPG


直江
posted by greenhills-school at 17:56| 日記

2019年10月09日

学校林ってなんだろう@

10月8日。第1回目の「全校自然体験活動」。この活動は、長野県の「学校林等利活用促進事業」の支援・補助を受けてスタートする、本校初の試みです。学園が所有する学校林をいかに活用するかを考え、行動する、いわば全校プロジェクト。

この日は小中合同でホールに集い、まずは講師である安藤秀一さんによるオリエンテーションがありました。

IMG_9322.JPG

「何をやるんだろう」とドキドキしていた子どもたち。最初は自己紹介から。「無人島に何持っていく?」というテーマで盛り上がりました。

IMG_9324.JPG

その後、「学校林」についての説明がありました。長野県には木がたくさんあること。カラマツは実は珍しいことなど。普段、何気なく付き合っていた身近な木と私たちの関係について改めて考えさせられました。

IMG_9328.JPG

後半は現地へ移動し、植生などについてのフィールドワークを行いました。

IMG_9330.JPG

IMG_9334.JPG

「この木はなんだろう」
「なんで傾いているんだろう」
「一本だけ細いのはどうして」

などなど、子どもたちからは次々質問が飛び出します。

IMG_9341.JPG

最後には、安藤さんによる伐採のデモンストレーション。プロの技に、一同釘付け。巨木が切り倒された時の音と衝撃に子どもたちは歓声を上げていました。

IMG_9348.JPG

この活動は全4回。次回以降、どんな展開になっていくか。乞うご期待ください。

青木


posted by greenhills-school at 19:29| 日記