2021年06月18日

ビオトープ再生に向けて一歩前進



池の水ぜんぶ・・・

s-DSC_0202.jpg


まるでTV番組さながらのプロジェクトに取り組むのは、
中学生の生徒たち



初めて作ってから10年以上が経過した、
グリーン・ヒルズのビオトープを再生します。



s-DSC_0932.jpg

今取り組んでいるのは、
泥がたまった池を掘り返し、
底面の遮水シートを貼るための準備をする作業です。

s-DSC_0343.jpg

一時は一生懸命手作業で水をかき出したのですが、
ポンプを使って水を抜いても、
翌日には元通り、ということもありました。


「せっかく水ぬいたのに!」
「も〜、何だったの?あの苦労は?」


なんて言いながら、
体を動かす中学生たちでした。




DSC02916.JPG

この日は、
地域の方が小型のユンボを使ってお手伝いに来てくださいました。


この重機を使って、
一気に池を掘り返そうっていう作戦です。



重機の力はさすがで、
池の周囲の朽ちた丸太や、
水を含んで重たい土を見事にかき出しました。


s-DSC_0944.jpg


作業中にも、
たくさんの生き物に出会いました。

池にいたオタマジャクシは、一時的に取り出して水槽へ避難。

s-DSC_0962.jpg

クジャクチョウなどの蝶も発見。


s-DSC_1009.jpg

おなじみニホンカナヘビ君もいて、



s-DSC_1025.jpg

シュレーゲルアオガエルの卵塊も助け出しました。




いよいよ来週は、
遮水シートを貼って新しい池作りです!


どんな動物を呼びたいか、
そのためにどんな環境を整えるのか、



そこでたくさんの生物を観察する日を楽しみに、
中学生たちの活動を応援したいと思います。




2021年6月18日
posted by greenhills-school at 18:57| 日記