2019年07月26日

新しいワクワク発見!スペシャルタイム!



小学校の「スペシャルタイム」という活動をお伝えします。


グリーン・ヒルズでは、
子どもの興味・関心からはじまる自発的なプロジェクトを大切にしています。

子ども自ら興味のあることに夢中になって取り組めば、
自ずと学びの意欲に火がつき、必要な力を自ら育てるエネルギーとなります。


けれど、よくこのようなお話を聞きます。
「興味・関心なんてなかなか自分からは出てこないのでは?」
「自分のやったことのあることしか思いつかないんじゃない?」


おっしゃる通り。
プロジェクトはいきなり生まれるものではないので、
子どもが新しいことややったことのないことにチャレンジする
「プロジェクトの種」をまいてあげることが大切です。

そのために、
とくに小学生のためにあるプログラムが「スペシャルタイム」


1学期は、
「100人の町づくり」

6.jpg



「めざせ!火おこしマスター!」

7.JPG



「乗馬」

14.JPG


の3つのプログラムからの選択制で、
スペシャルタイムが始まりました。


今年は、去年に引き続き、
保護者の方にも協力していただきました。

10.JPG

1.JPG

保護者の方々も個性豊かな皆さま。
スタッフにはない特技や専門分野をもっている方たちですから、
子どもたちが新しいワクワクを体験することができます。



「100人の町づくり」では、
ペーパークラフトで家や町の建物を作り、
それらを集めて一つの町を作りました!
一級建築士の保護者の方にご協力いただきました。

2.JPG

4.JPG

3.JPG

工作大好きな子どもたちが、
「町になにが必要かな」
「いっしょに作ろうよ」
「ぼくは自分の作りたいものを作りたい」


と、考えながら一つの町を作りました。



「めざせ!火おこしマスター!」では、
ライターもマッチも使わない火おこしの仕方を学びました。
ネイチャーガイドの保護者の方にご協力いただきました。

8.JPG

12.JPG

11.JPG

「きりもみ」「まいぎり」「ゆみぎり」
いろんな火の起こし方もあるんだ!

最後には、保護者の方の
「信州おもてなしマイスター」としての専門分野も活かし、

13.JPG

「おもてなしって何だろう?」という
ワークショップも行いました。


「乗馬」では、
いつもお世話になっている「飯綱高原乗馬倶楽部」での乗馬体験!

16.JPG

17.JPG

中学生も参加して、
馬に乗って駆けたり歩いたり。
馬のお世話や厩舎(きゅうしゃ)の掃除などを体験しました。

15.JPG

大きい子がかっこよく乗る姿は、
小さい子の憧れです。

たくさんの体験を通して、
子どもたちには興味・関心の幅を広げてほしいですね。


直江
posted by greenhills-school at 08:51| 日記