2019年10月09日

学校林ってなんだろう@

10月8日。第1回目の「全校自然体験活動」。この活動は、長野県の「学校林等利活用促進事業」の支援・補助を受けてスタートする、本校初の試みです。学園が所有する学校林をいかに活用するかを考え、行動する、いわば全校プロジェクト。

この日は小中合同でホールに集い、まずは講師である安藤秀一さんによるオリエンテーションがありました。

IMG_9322.JPG

「何をやるんだろう」とドキドキしていた子どもたち。最初は自己紹介から。「無人島に何持っていく?」というテーマで盛り上がりました。

IMG_9324.JPG

その後、「学校林」についての説明がありました。長野県には木がたくさんあること。カラマツは実は珍しいことなど。普段、何気なく付き合っていた身近な木と私たちの関係について改めて考えさせられました。

IMG_9328.JPG

後半は現地へ移動し、植生などについてのフィールドワークを行いました。

IMG_9330.JPG

IMG_9334.JPG

「この木はなんだろう」
「なんで傾いているんだろう」
「一本だけ細いのはどうして」

などなど、子どもたちからは次々質問が飛び出します。

IMG_9341.JPG

最後には、安藤さんによる伐採のデモンストレーション。プロの技に、一同釘付け。巨木が切り倒された時の音と衝撃に子どもたちは歓声を上げていました。

IMG_9348.JPG

この活動は全4回。次回以降、どんな展開になっていくか。乞うご期待ください。

青木


posted by greenhills-school at 19:29| 日記