2020年05月16日

分散登校で感じる自然体験の喜び


リンゴ畑の花摘み作業を行いました。

8.JPG

7.JPG

この白い花が散ったら、そこに実ができてきます。
楽しみですね。



さて、
長野県における緊急事態宣言が解除されようかという5月の連休明け。

グリーン・ヒルズでは、
クラスごとの分散登校を実施しました。


今年度のクラスは、
1・2年生クラス
3・4年生クラス
5・6年生クラス
中学校クラス

という4つのクラスで構成されているため、
1週間に各クラスが1日ずつ分散して登校します。



1・2年生クラスは、

3.jpg

校庭に机とイスを持ってきて青空の下で学びます。
三密とは縁遠い気持ちのいい空気のなかで、
待ちに待った学習に取り組みます。




またある日は、
かつての卒業生が作った東屋で、
子どもたちが学習していました。

1.JPG


3・4年生クラスです。

2.JPG

この度の新型コロナウイルスにも関心高く調べたり考えたりしている彼らは、
「これからの私たちの世界はどうなっていくのか」
というテーマを宿題にもち帰りました。




5・6年生も
校庭で大いに体を動かし、学びます。

5.jpg

バスケットボールを持って走り回り、
得点を重ねるゲームで運動していました。



中学生クラスは、

4.jpg

校庭でサッカーをしたり、
春の植物を探して顕微鏡で観察する理科の授業などに取り組みました。



パソコンやタブレット、なかにはスマートフォンの小さな画面でコミュニケーションをとっていた生活から、
ようやく学校に来てクラスメイトと遊び、学ぶことができるようになりました。

6.JPG

子どもたちにとっては、これが何よりの喜びです。


7.JPG

ご飯がこんなにおいしいのも、
友だちといっしょに食べるからこそです。


これまで、
当たり前だと思っていた自然の中で遊ぶことは、
実はこんなにも尊いもので、喜ばしいことだったのだと、
大人も子どもも感じることができました。

グリーン・ヒルズは、
美しく豊かな自然環境とともにあります。


私たちはその価値を再認識し、
その大切さを伝えていくことが重要なのだと感じます。



「いっぱい走り回れたし、友だちと会ってお話とか勉強ができてすっごくうれしかった。」

小学2年生の子が分散登校の日のふり返りで発表した言葉です。

これからも学園全体が感染拡大の場とならないように配慮して、
自然の中での豊かな体験活動に取り組んでまいります。


8.JPG


直江
posted by greenhills-school at 15:00| 日記