2021年04月01日

復興支援プロジェクトB


3学期

災害にあった地域が、建物や道路などインフラの面で復興すること、
人口減少を食い止め、地域に暮らす人がみんな災害前よりも幸せになること、

一口に『復興』と言っても、いろんな想いがそこにはあり、目指す地域になっていくには長い時間がかかります。


私たちのりんご園プロジェクトは、その地域に存在していなかったとしても、心で深く長沼地域とつながり続け、『復興』を応援し続けたい。
そんな想いで活動をしてきました。


2学期の寄付をする会が終わったあとも、
長沼の人たちとのつながりは続いています。

「みんなの寄付金で5升炊きの炊飯器を買ったよ!」
「空気清浄機を買って、こども食堂を再開させるよ!」
「地域のみんなとの活動がいよいよ始まるよ!」



目に見えて、りんご園の収益が活用されていく様子に、子どもたちも喜びを隠せません。

3月
年度の終わりに、お世話になった団体の方と改めてお話する機会をいただきました。
『これからの復興についていっしょに考える』

「みんなだったら、どんな街に住んでみたい?暮らしたい?」


大人からの質問に真剣に考える子どもたち。
子ども目線の率直な意見の中にも、新たなまちづくりのヒントが隠されているかもしれません。
何かが始まるかもしれない空気に、こちらもワクワクしてきます。

4月

新しい春がやってきて、クラスも仲間も新しくなります。
グリーン・ヒルズの復興支援プロジェクトはどのように変化していくでしょうか?

これからも、「復興」に関わり続けよう。


尾形
posted by greenhills-school at 17:06| 日記