2022年02月22日

磁石の性質を学ぼう


小学校の理科の授業。

「不思議だな」
「なんでだろう?」
「知りたいな」

という探究心を大切に学習しています。


DSC07801.JPG

最近は
科学の実験をしている3・4年生。
磁石の性質を学んでいます。



普段から生活をしていると
触れる機会の多い磁石。

教室のホワイトボードにはいつも磁石がついているし、
それを使って遊んだこともある。

秋のお祭りのときには、
磁石の力を使った釣りゲームを作りました。

DSC05064.JPG

想い起こせば、
これも磁石の力ですね。



さて、
そんな磁石にはどんな性質があると言えるのでしょうか。

DSC07970.JPG

DSC07976.JPG


今まで、
「くっつく」
とか、
「はなれる」
とかいう言葉で表していた現象を、
実験を通して学んだ言葉で表現します。


DSC07803.JPG

「磁石にくぎをつけると、くぎにも磁石の力がつく」
「磁石を水に浮かべると、Nの方が北側に向くことが分かった」
「反発する力を使っておもちゃを作ってみた」
「棒磁石を二つに切ると、切った両方にS極とN極ができる」


学習のまとめに書いた子どもたちの文章です。

1年間理科を学んできた彼らは、
だんだんと自分の言葉で結果と分析を表現できるようになりました。

DSC07799.JPG

初めて理科を体験した3年生にも、
科学の目が育ってきていることが分かります。

データのとり方や
実験器具の使い方
ものの比べ方などなど、
さまざまなスキルを身に着けることができる理科。

それらの学習を支えるのが、

「世界って不思議だなあ」


という探究心なのです。
今年の理科もあと少しで終わり。
来年もたくさんの実験や観察を通して学んでいきましょうね。

DSC07798.JPG


2022年2月22日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記