2022年04月07日

入学を祝う会!新しい仲間!


DSC08708.JPG

福寿草が顔を出した飯綱高原。


本日4月7日(木)、

DSC08728.JPG

グリーン・ヒルズ小学校/中学校
2022年度入学を祝う会を開催しました。


新入生転入生にとって、
新しい学校に足を踏み入れる大切な一日です。

きっと、今日という日を待ち望んでいたことでしょう。


DSC08715.JPG

もちろん、在校生も。

DSC08722.JPG

DSC08725.JPG

DSC08717.JPG

午前中にせっせと準備をしていましたが、
実は前日までにも学校を訪れて遊んでいた子もいました。
彼らにとっても待ち望んだ新学期。
さぞワクワクしていたことと思います。




さて、今年度は、
新入生転入生合わせて、16名の新しい仲間を迎えることができました。

DSC08781.JPG

期待と緊張の入り混じった、
いい表情をしています。




DSC08789.JPG

DSC08792.JPG

校長・理事長からのことばに、



DSC08823.JPG

新入生転入生の保護者代表の方のあいさつ。



DSC08828.JPG

そして、
在校生からも自己紹介。


DSC08830.JPG

新しい仲間を歓迎します。




DSC08842.JPG

おなじみのくす玉には、
在校生一同からのメッセージが。

「グリーン・ヒルズへようこそ!!」



新しい仲間と、これから学校生活を送れると思うと、
本当にうれしいことですね。


担任も発表され、最後に記念写真を撮りました。






DSC08852.JPG

新入生転入生のみんな




DSC08873.JPG

1・2年生クラス



DSC08888.JPG

3・4年生クラス


DSC08910.JPG

5・6年生クラス


DSC08896.JPG

中学生クラス



さあ、
これで今年度のグリーン・ヒルズの仲間たちが集まりました。


いよいよ2022年度が始まります。
子どもたちの学校生活が、幸せと成長に満ちた日々になりますように、
スタッフ一同・保護者の皆さん・地域の皆さん、
互いの力を出し合う学習コミュニティーをつくってまいりましょう。


2022年4月7日
posted by greenhills-school at 19:21| 日記

2022年03月20日

2021年度卒業を祝う会!



本日3月20日、

2021年度の卒業を祝う会を行いました。



今年は、
小学生4人、中学生1人の卒業生が、新たな環境に旅立つこととなりました。
卒業生とその保護者の方、そして在校生は会場で、
在校生の保護者の方には、オンラインで参加していただきました。



DSC08414.JPG

前日の準備で、
卒業生たちが通る花道ができあがり、


DSC08437.JPG

当日にはこのような会場ができあがりました。



卒業生にとっては、
学校生活の節目を飾る、晴れの舞台です。


その卒業生はというと・・・、


DSC08442.JPG

緊張していた!はずです。



DSC08446.JPG

いよいよ入場です。

DSC08444.JPG





DSC08458.JPG

そして卒業証書を受け取ります。


DSC08461.JPG

DSC08466.JPG

DSC08473.JPG


実は、今年卒業を迎えた彼らは、
それぞれが転校を経験してグリーン・ヒルズにやってきた子たちでした。

新しい環境に飛び込むことは、
彼らにとってどれほど緊張することだったでしょう。

「新しく友だちができるかな」
「勉強はやっていけるかな」
「遠くから通学できるかな」


高学年になってグリーン・ヒルズにやってきた子たちは、
そのときの自分の感じたことを自分の言葉で述べました。




DSC08482.JPG

卒業生には、
この舞台で一人ずつ自分の言葉で気持ちを伝える
「卒業生スピーチ」があるのです。

DSC08506.JPG


ある子は、
自分のために学校を探してくれたお家の方への感謝を、

またある子は、
転校してきて得ることのできた大切な学びを語りました。

入学するか決断するときに不安だったけれど、
転入を決める入学検定での出会いで、
「ここで学びたい!」
と思った子もいたのだそうです。


DSC08543.JPG

「たくさん遊んでくれてありがとう」
「いっぱいしゃべってくれてありがとう」
「優しくしてくれてありがとう」
「いろいろと教えてくれてありがとう」
「グリーン・ヒルズに入学させてくれてありがとう」
「産んでくれてありがとう」


たくさんの「ありがとう」が、
彼らのスピーチには詰まっていました。




DSC08546.JPG

彼らの旅立ちを見守った保護者の皆さん。

我が子と向き合い、
今だからこそ言える言葉を伝えます。

思春期ともなると、
お子さんたちの悩みや葛藤も増えたことと思います。
それとともに、保護者の方もたくさん悩まれたことと思います。

お子さんたちは今、
堂々たる姿を見せてこのグリーン・ヒルズを旅立ちます。

DSC08549.JPG

また、
新たな気持ちでグリーン・ヒルズ中学校に入学する子もいます。
それぞれが得た経験を胸に、
さらに大きく育っていくことでしょう。



DSC08568.JPG

最後には、
在校生からのお祝いのメッセージが贈られ、
伝統のくす玉が割られました。


DSC08573.JPG

「新たな道に進むんだ!ガンバレ!!」


DSC08480.JPG

在校生は、
この日の卒業生の言葉を聞いて何を思ったのでしょう。
彼らもいつか、あの場所に立つ日が来るかと思うと、
今から楽しみでなりませんね。



DSC08581.JPG

保護者会からのプレゼント贈呈。



DSC08594.JPG

退場する卒業生。



DSC08641.JPG

卒業生クラスの最後の懇談会。




これにて、
2021年度の学校生活はすべて終了となります。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
在校生の皆さん、新年度からの活躍に期待しています。


そして、
1年間子どもたちの育ちを見守り、支えてくださった保護者の皆さん、
本当にありがとうございました。

2022年度も、どうぞよろしくお願いいたします。


DSC08640.JPG


2022年3月20日
posted by greenhills-school at 18:01| 日記

2022年03月08日

大きくなったぼく、わたし


1・2年生は、
1学期から手と足のスタンピングをしてきました。

3月になった今、
私たちはどのくらい大きくなったのでしょうか?

まずは手と足のスタンプ。
それから、もっと大きくなったことを実感したいので、
いつも身長と体重を測ってもらった保健の先生にデータをもらいました。

今の身長と、
以前の身長で引き算をして差を求めます。


DSC07965.JPG

そんな、
自分たちの育ちを実感する、1・2年生の探究です。



さて、
次は、自分たちが名前をつけてもらったときまで
さかのぼってみました。

自分の名前は、
一体どうやってつけてもらったのでしょう。

調べるには、おうちの方に聞く必要があります。
自分の名前の「由来」です。


DSC07967.JPG

調べたことを発表して、
友だちの名前がどんな理由でつけられたのかを知りました。

「へ〜、そんな由来があるんだね。」



DSC07966.JPG

次は、
さらに時間をさかのぼってみました。

今度は、なんと生まれたとき

生まれる前はどこにいたかと聞いてみると、

「お母さんのおなかの中!」

と即答。


でも疑問があります。

「一体自分たちは、お母さんのおなかの中にどのくらいいたのだろう?」

予想は、
一年間、一年半、二年、10か月くらいなどさまざま・・・。
正しい情報を調べてみることにしました。


「お母さんに聞いてみたよ」
「お父さんに聞いてきた」
「あのね・・・」


と、インタビューしてきたことをクラスのみんなで伝え合いました。



DSC08160.JPG

その後、
本・辞書・PCを使ってさらに調べます。


DSC08161.JPG

でも、調べたことが確かなものであるかを確認するには、
どうすればいいのでしょう?


図1.png

特に、インターネットで見た情報は、
どうやって「正しい情報だ」と判断したらよいのでしょうか。

正しい情報の見極め方も、大切な学習ですね。

DSC08163.JPG

絵本やイラストも見ながら、
10か月間の胎児の成長の様子を学んでいると、
さらなる疑問が次々と出てきます。

図2.png

DSC08165.JPG

「赤ちゃんがお腹にいるとき、トイレはどうしてるんだろう」
「お母さんがうんちするときに赤ちゃんは出てしまわないかな」
「息ができないんじゃないかな」
「頭が最初は上だったけど、ここから下になってるよ」
「お母さんのおなかはどのくらい大きくなるのかな」


探究は、楽しそうです。



DSC08212.JPG

彼らは
「知りたい!」
という好奇心の塊。

その疑問を明らかにする術を学ぶことで、
自分の知りたい気持ちを満たすことができるのなら、
彼らはどんどん自ら学習する探究者になるのでしょう。

2022年3月8日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2022年02月22日

磁石の性質を学ぼう


小学校の理科の授業。

「不思議だな」
「なんでだろう?」
「知りたいな」

という探究心を大切に学習しています。


DSC07801.JPG

最近は
科学の実験をしている3・4年生。
磁石の性質を学んでいます。



普段から生活をしていると
触れる機会の多い磁石。

教室のホワイトボードにはいつも磁石がついているし、
それを使って遊んだこともある。

秋のお祭りのときには、
磁石の力を使った釣りゲームを作りました。

DSC05064.JPG

想い起こせば、
これも磁石の力ですね。



さて、
そんな磁石にはどんな性質があると言えるのでしょうか。

DSC07970.JPG

DSC07976.JPG


今まで、
「くっつく」
とか、
「はなれる」
とかいう言葉で表していた現象を、
実験を通して学んだ言葉で表現します。


DSC07803.JPG

「磁石にくぎをつけると、くぎにも磁石の力がつく」
「磁石を水に浮かべると、Nの方が北側に向くことが分かった」
「反発する力を使っておもちゃを作ってみた」
「棒磁石を二つに切ると、切った両方にS極とN極ができる」


学習のまとめに書いた子どもたちの文章です。

1年間理科を学んできた彼らは、
だんだんと自分の言葉で結果と分析を表現できるようになりました。

DSC07799.JPG

初めて理科を体験した3年生にも、
科学の目が育ってきていることが分かります。

データのとり方や
実験器具の使い方
ものの比べ方などなど、
さまざまなスキルを身に着けることができる理科。

それらの学習を支えるのが、

「世界って不思議だなあ」


という探究心なのです。
今年の理科もあと少しで終わり。
来年もたくさんの実験や観察を通して学んでいきましょうね。

DSC07798.JPG


2022年2月22日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2022年02月04日

クロカン!スキー!雪を満喫!


DSC07787.JPG

気温がグーンと下がって、
氷柱が不思議な形を作っていました。

「どうしてこんな風になるんだろ?」



DSC07862.JPG

そんな今日は第2回目のスキー教室でした。

一人ひとりが前回教わったことを思い出して、
「今回はこれができるようになる」
という目標をもって始めました。


DSC07896.JPG

前は乗らなかったリフトで、
ゲレンデの高いところまで行って滑った子が、

「もっとうまくなったら一番上まで行って滑れるんだな」

と言っていました。


DSC07860.JPG

上達するって、楽しさが増えることですね。




DSC07850.JPG

校庭では、
たくさん積もった雪の中で思い切り体を動かして遊びます。

DSC07842.JPG

DSC07833.JPG

クロスカントリースキーや雪板など、
雪山を滑る遊びが大人気です。


DSC07819.JPG

雪の掛け合いやかまくら作り、雪だるまも楽しい♪

DSC07816.JPG

DSC07814.JPG


2月になった今週も、
ますます雪を満喫して遊びます。


2022年2月4日
posted by greenhills-school at 18:08| 日記

2022年02月01日

LIVE〜3学期学習発表会〜


1月29日(土)、

3学期学習発表会
「LIVE」を実施しました。

この学習発表会は、
子どもたちが取り組んだ
プロジェクトを中心とした学習の成果を見せる場。

毎年たくさんの学びの成果が発表され、子どもたちの成長した姿が見られます。

「こんなことをやったんだよ」
「こんなものを作ったよ」
「こんなことが分かったよ」
「こんなところに行ったよ」


10.JPG

その姿はとても堂々としていて、
自分たちのプロジェクトを
「見てほしい!」
という気持ちにあふれています。


その中でも、
この3学期は特に、

DSC07796.JPG

「どんなメッセージを届けるか」
「発表を観た人にどうなってもらいたいか」


という視点が加わっていました。




1.JPG

「お客さんと一体となって盛り上げたい」

というのは、
発表会全体の運営を任された
ホストリーダーの思いでした。

2.JPG

そんな思いから発案したタイトルが
「LIVE」

この4文字にそれぞれ、
「Learning」
「Inquiry」
「Voyager」
「Exhibition」

という意味を込めました。

今年は、
新型コロナウイルス変異株の影響を受け、
直前でオンライン開催となった学習発表会。
それでもホストリーダーが精一杯、準備を進めてきました。

お客さんというのは、
主に保護者の皆さん、
これまで本校に関心を寄せていただいた見学者の方、
そして卒業生の皆さんです。

オンラインでつないで、子どもたちの発表を楽しみに集まってくださいました。



DSC07797.JPG

子どもたちはその人たちの視点に立って、発表の仕方や内容を考えました。

「自分たちのどんな所が成長したか伝えたい!」

そう考えたのは1・2年生クラスでした。

3.JPG

彼らは演劇仕立ての発表を作り、
自分たちの成長した姿を見せることで伝えました。

「計算が早くなったこと」
「友達を上手に遊びに誘えるようになったこと」
「すぐに泣かなくなったこと」


伝えたい成長がたくさんです。



3・4年生クラスは、

「自分たちの考えた『本当にエコな暮らし方』」

についてプレゼンし、
自分たちにできることで環境保全につながる具体的な行動を訴えました。

DSCN8364.JPG

「週末の遊び場にはエコに貢献している場所に連れて行って」
「自然を守りたい気持ちになれるから自然のすばらしさや大切さを味わって」
「自分で作ったものならきっと物を大切にできるから手作りしてみて」


彼らなりに、
「エコっぽいではなく本当のエコとは」
と、視点を広げて考えた学びです。




11.JPG

一人ひとりが力強くメッセージを伝えたのは、
5・6年生クラスでした。

彼らは、
ごみ問題の解決策をはじめSDGsの普及をねらった取り組みを
一人一つの「グリーン作戦」として発表しました。

「地域にポイ捨てされるごみを無くすためには」
「学校のごみの分別をもっとしっかりとできるようにするには」
「SDGsを知らない人に興味をもってもらうには」


4.JPG

問題解決のためのターゲットが明確だったことがさすがです。





7.JPG

ビオトープ再生プロジェクトに取り組んだ中学生クラス

DSC07806.JPG

DSC07804.JPG

みんなの遊び場、自然観察の場としておなじみのビオトープに、
こんなにもたくさんの植物や昆虫がいることを伝えました。




盛りだくさんの学習発表会。

しかし、
これはまだまだほんの一部なのです。




クラスでの発表の他に、
「個人プロジェクト」として一人で探究したプロジェクトの発表があり、
さらに小学生全員で取り組んだ
「りんご園プロジェクト」の発表があり、

そしてステージだけでは伝えきれないことを直接伝える
「ブース発表」という形態もありました。



12.JPG

本当に見どころ満載の「LIVE」となった今回の学習発表会。

お集まりいただいた皆さんには、
多大なるご不便をおかけいたしました。

しかし、
どのような状況であっても、
子どもたちの成長した姿を見せたい、
彼らのメッセージを届けたい。

そうすれば彼らは自分の存在と学びを心から肯定できるし、
自信をもって次の学びに進んでまだまだ成長できるはず。

この一点に希望を見出して、
今後もこの学習発表会の機会を大切にしていきます。


オンラインでお集まりいただいた皆さま、
本当にありがとうございました。


2022年2月1日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2022年01月21日

スキー教室!


DSC07650.JPG

スキー教室を行いました!

今年はたくさんの雪が積もり、
スキーをやるにはもってこいのコンディションです。


DSC07549.JPG

スキー靴をしっかりと履いて、
準備完了!


DSC07565.JPG

今シーズン初めてのスキー教室ですから、
みんな張りきっていました。


DSC07562.JPG

いいづなリゾートスキー場へ行って、
サクラメントスキースクールの先生に教わります。


DSC07657.JPG

スキー教室では、
自分のレベルに合わせたコースで教わり、
課題を見つけて上達を目指して取り組みます。


DSC07630.JPG

「今年こそは上級コースに行くぞ」
「転ばずに滑れるかな」
「リフトに乗れるようになりたい」
「きれいにターンができるようになる」

などなど、
自分なりの目標をもって滑っていました。

第1回の今日は何を学んだのかな?

DSC07639.JPG

風を切って滑る姿がかっこいい〜!




DSC07647.JPG

今回は午前中だけでしたが、
たくさん滑って楽しんだ様子。

「週末もスキー行こうかな」

なんて言って、早くも次が楽しみなようです。


2021年1月21日
posted by greenhills-school at 18:01| 日記

2022年01月20日

冬の避難訓練を行いました。


DSC07516.JPG

積もった雪の上に、
そっと残った足跡。

DSC07542.JPG

これは何の生き物でしょう?


DSC07517.JPG

こんなにたくさんの雪が積もったら、
普段とは違う避難訓練が必要です。


この日は、
そんな冬の避難経路を確認する、
避難訓練を行いました。

DSC07534.JPG

冬に起きた災害といえば、
1995年の阪神淡路大震災、
2011年の東日本大震災。

DSC07537.JPG

自分がまだ生まれていない頃に起きた災害を、
映像で見て初めて知ります。

なぜこのような災害が起きたのか
なぜこれほどにも被害が大きくなったのか
そもそも地震ってどういうものなのか

しっかり学んだあとは、
実際に災害が起きたことを想定して、避難してみます。




雪の時には、
屋根の雪落ちに注意して避難しますし、
バスの中に一時的に入るときもあります。

大人の避難指示をしっかり聞くとともに、

「何を考えてどのように行動したらよいか」

を自分の頭で考えて判断することも大事です。

DSC07538.JPG

外の状態や災害の程度によって変わる避難。
自分や家族、友だちの命を守るための行動を考えた訓練でした。


2021年1月20日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2022年01月13日

雪の中へダイブ!


しんしんと、
雪が降り積もる飯綱高原。


除雪はたいへんですが、
子どもたちは大喜びです。


たくさん積もった雪と、
除雪車が積み上げた雪で、
雪山の高さは2m以上になっていました。


DSC07426.JPG

その上でなにやら相談する2人。


次の瞬間




DSC07432.JPG

ぴょーん

思い切りジャンプして雪の中に飛び込みました。





DSC07424.JPG

一人が最初に飛び込んでみると、
次々とみんながチャレンジします。

DSC07433.JPG




DSC07429.JPG

こんな木の上からもダイビング!




雪山は彼らをチャレンジャーにしますね。


DSC07431.JPG


2022年1月13日
posted by greenhills-school at 15:53| 日記

2022年01月12日

初釜〜3学期スタート〜


今週から3学期がスタートし、
学校に子どもたちの笑顔が帰ってきました。



DSC07290.JPG

この雪に包まれた学校に!

昨年以上の降雪で、
道にも屋根にもどっさり雪が。

まずは校舎にたどり着くことからです。



DSC07353.JPG

DSC07345.JPG

1・2年生が、
元気よくクロカンで校庭を滑っていました。





そんな3学期のスタートは、
新しい年をケガなく迎えることができたことに感謝します。

IMG_7634.JPG

3学期はじめの会にて。






クラスでは新しい年らしく、
書き初めお初釜を体験して過ごしています。

DSC07287.JPG

書き初め。

楽しみにしていた毛筆で、
今年の抱負をのびのびと、力強く書きます。

DSC07407.JPG

意気込みと個性が伝わる、いい書ですねえ。




DSC07318.JPG

こちらは初釜。

3年生以上がクラスごとに体験しましたよ。


始める前は、
「ちゃどう?」
「どうやるんだっけ?」
「『道』って付くのは他にも・・・」
「お茶碗を回すんだよね」
「お茶菓子は先に食べるんだって」


などと、去年の体験を思い出して、
知っていることを整理してみました。



実際にやってみると、
いろいろな言葉とその意味を教わります。

懐紙(かいし)・茶筅(ちゃせん)・棗(なつめ)などの道具の名前。

それに一つ一つのお作法の意味。

「お客さんに茶碗のきれいな柄が見えるようにするんだよ」
「お茶菓子を楽しんで口の中が甘くなると、お茶のおいしさがより引き立つんだよ」


DSC07331.JPG

なるほど〜。
だからこういうお作法があるんだね。





5・6年生は、
着物まで着付けてもらって得意げでした。

DSC07403.JPG

「成人式みたい!」


なんて言って、とっても嬉しそうでした。
今年もおいしいお茶とお菓子をいただいて、
いい一年の始まりとなりましたね。


DSC07339.JPG

2022年1月12日
posted by greenhills-school at 18:59| 日記

2021年12月21日

楽しく仲良くなるクリスマス会♪



サンタさんが楽しみでしょうがない12月。


DSC07127.JPG

学校の中もクリスマスの飾りでいっぱいです。


そんなある日、
全校のみんなでクリスマス会を行いました。


DSC07026.JPG

企画したのは、
イニシアチブ・タイムの「楽しく仲良くなるチーム」です。

レクリエーションやクリスマスカードの交換を考えました。



レクリエーションでは、

DSC07048.JPG

校庭で雪遊びをすることができました!
週末の寒波で雪が降ったおかげですね。



DSC07062.JPG

雪の上で鬼ごっこ!


DSC07077.JPG

膝上まで積もった雪は、
みんなの足元を走りづらくします。

DSC07088.JPG

埋もれてしまう人が続出。

「あつーい!」
「つかれるー!」
「ぜんぜん走れないー!」


DSC07091.JPG

普段の鬼ごっこよりもずっと疲れたようです。




DSC07113.JPG

DSC07110.JPG

雪だるまづくり大会や、
そり遊びも楽しみました。

DSC07114.JPG

DSC07121.JPG

雪まみれになって遊べてよかったね。





ホールに戻ると、
今度は宝探しゲームです。

DSC07137.JPG

いっしょのチームになった仲間と、
校内に隠されたカードを探しました。

DSC07133.JPG

「みーっけ!」




最後はプレゼントの交換です。
一人ひとりが作ったクリスマスカードを交換します。



DSC07154.JPG

カードを作るみんな。

後で交換するので、
みんな気合を入れて作っています。

DSC07143.JPG

「何を書こうかな?」
「こうゆうふうにやったら面白いかな?」
「受け取る相手の気持ちになって考えるといいよ」
「英語で書きたいんだけど合ってる?」


DSC07159.JPG

クリスマスカードも完成♪
いよいよみんなで交換です。



すると、

DSC07162.JPG

みんなの楽しい声を聞きつけた
サンタさんも来てくれました!


DSC07168.JPG

みんなにプレゼントを配ってくれます。

「ねえねえ、なんか見覚えがあるんだけど」

その言葉はぐっとこらえましょう。
サンタさんです。



今年最後の全校イベント。
思い切り楽しんで、仲良くなることはできたかな?


DSC07186.JPG

2学期もあと数日。
みんな、よいクリスマスを!


2021年12月21日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2021年12月17日

ブームは移り変わる


いろんなことに興味を示して、
面白かったことは気の済むまでやりまくる。


子どもの素直さと純粋さは、
そういうところに表れますね。


DSC06531.JPG

3・4年生クラスの子どもたちも、
時期によっていろいろなブームが起きては去り、
起きては去りを繰り返しています。



DSC02685.JPG

あの頃は、
テニスボールを積み上げるのに夢中になっていました。



DSC07014.JPG

けれども今度は、
「都道府県かるた」で白熱して遊び、


DSC06974.JPG

最近は「今昔神経衰弱」で盛り上がっています。


DSC05808.JPG

IMG_7299.JPG

またある時は、
側転を極めようとがんばっていたときもありました。



IMG_6521.JPG

Scratchでのプログラミングもやりまくり、
それが高じてプロジェクトに発展させた子もいます。




学習で取り組んだことや、
だれかが興味をもったことが影響し合い、
ブームは移り変わっていきます。

DSC07021.JPG

そんなことを繰り返して、
お互いに深く知り合ったり、
自分の興味を広げたりしているようです。



2021年12月17日
posted by greenhills-school at 16:32| 日記

2021年12月16日

こどもの森へLet's go!


IMG_4288.jpeg

5・6年生クラスが、
こどもの森幼稚園にお昼ご飯を持ってお邪魔しました!


先日行ったエコキャンプで、
幼稚園から飯ごうを借りていたため、そのお返しに。

青さんとは、
この間りんご収穫を行って以来の再会です。


IMG_4292.jpeg

園舎の中で、
ぬり絵や折り紙、ブロック遊びなどをしていっしょに楽しみました。


IMG_4311.JPG

青さんと収穫したりんごも、
黄色さん、桃さんに直接プレゼントです。


IMG_4312.JPG

「はい、どーぞ!」




IMG_4294.jpeg

お互いに名前を呼び合って遊び、
5・6年生が優しく寄り添う姿が頼もしく見えた、そんな交流でした。






DSC07651.JPG

またある日には、
1・2年生クラスも幼稚園児に用事がありました。



DSCF6229.JPG

10月に行った秋まつりで、
「幼稚園児の笑顔を作ろう」
という目標を立てていたのですが、
それを十分に達成できなかったというふり返りをしていました。

そこで彼らは、
「幼稚園の子は何が楽しいのだろう」
と考えて、直接聞いてみることにしたのです。

こどもの森へ取材!です。

DSC07665.JPG

あらかじめ考えておいた質問を、
遊んでいる園児に声をかけて聞きます。


これで、
今度幼稚園の子たちと交流するときには、
もっとたくさんの笑顔を作れるかな?



DSC06444.JPG

学校からこどもの森へは、
歩いて30分くらい。

幼稚園の子たちには、
「今日はグリーン・ヒルズのお兄ちゃんお姉ちゃん来るかな?」

と、わくわくしてもらいたいものですね。

IMG_4307.JPG


2021年12月16日
posted by greenhills-school at 17:29| 日記

2021年12月14日

小学生とコラボスポーツ



DSC06916.JPG

地面に霜柱ができるほどの冷え込みになった12月。



IMG_7488.JPG

中学生が体育で地域の体育館へ出かけています。

チームスポーツを体験するこの授業では、
ソフトバレーボールで小学生とコラボレーション。


IMG_7484.JPG

中学生が小学生とチームを作って試合をします。

さすがの安定したサーブを見せる彼ら。
小学生も取りやすいように、
優しめにボールを上げます。

IMG_7487.JPG




DSC06562.JPG

中学生だけだとそれほど熱い試合にはならないのですが、

1ポイントごとに
「ああ〜!」
と言って床を転げまわる小学生がいると、
俄然盛り上がりを見せます。



DSC06351.JPG

ネットの上をボールが行ったり来たり。
少しずつラリーが続くようになってきました。


試合の合間には、

「おい、あっちでやろうぜ」

と、自ら輪になって練習をするチームもありました。
チームスポーツの楽しさですね。


DSC06569.JPG

いい運動になった中学生。
勉強もいつも一生懸命ですが、
体も動かしてたくましく冬本番を迎えましょう。


2021年12月14日
posted by greenhills-school at 18:18| 日記

2021年12月10日

さよなら白バス。


先日、

長年子どもたちを安全に乗せて走行してきた、
マイクロバス(通称白バス)がその役目を終えました。


DSC09731.JPG

毎日の通学、
それにクラスプロジェクトの移動手段と、
本当に長い長い長い距離を走ってくれたバスでした。

修理や点検をして大切にしてきましたが、
いよいよお別れの時期になってしまいました。

大切な命を乗せて山の上まで運行するには難しくなったのです。


DSC06188.JPG

グリーン・ヒルズ会議でバスとのお別れが知らされ、


DSC06390.JPG

クラスごとに最後にしておきたいことを話し合いました。


図1.png

中学生はバスの中をお掃除。

小学生は、バスの中での記念撮影、
バスにさようならを大きな声で伝えたい、


図2.png

運転席に乗る馬場さんと一緒に写真を撮りたいなど、
別れの時を過ごしました。

まだ、平地なら活躍する機会があるかも・・・。

バスを引き取りに来られた業者さんは、
栃木県までこの白バスを運転していくとのことでした。




バスが発車すると、
道路に沿って学校の敷地内を駆け下ってバスを見送る子どもたちでした。

DSC06585.JPG

私たちの活動を支えてくれたバス。

大切に、もの・人・事を想う気持ちや行動がさらにひろがるように、
各プロジェクトを中心にすすんでいきます。

DSC06600.JPG


2021年12月10日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2021年12月09日

打楽器のワークショップ♪


パーカッショニスト北沢マロさん率いる音楽ユニット、
「織音(orion)」の皆さんが学校に来て、
打楽器のワークショップを行いました!


DSC06751.JPG

織音の皆さんは、
長野市を中心にいくつもの学校で演奏やワークショップを行っているそうです。

マリンバとスティールパンを演奏するたかがわいずみさん

DSC06722.JPG

DSC06786.JPG

マリンバの元となった楽器が、アフリカから伝わったということを教えてくれました。
ドラム缶から作られたというスティールパンは、
手作りとは思えない見事な音階を奏でていました。




歌と詩吟の唐木さやかさん

DSC06741.JPG

美しい歌声で歌い、吟じ、
「大まわし」という詩吟の独特な
調子の変化を教えてくれました。

DSC06746.JPG

大まわしがどこで使われているか、
子どもたちも耳を澄ませて見つけます。




そしてパーカッションの北沢マロさん

DSC06793.JPG

ジャンベの体験や、
リサイクル楽器でのセッションを教えてくれました。

DSC06766.JPG

力強い打楽器の音は、
子どもたちのお腹に響きます。


DSC06768.JPG

参加した子たちは、
体を使って音を表現し、

心地よくリズムを奏でて楽しみました。

DSC06758.JPG

ちょっとズレちゃってもへっちゃら♪
音に合わせて動くだけで楽しいものです。



DSC06802.JPG

みんなで奏でた、
『Ob-la-di, Ob-la-da』

その場で教わったリズムを、
一生懸命マネして鳴らしました。

DSC06773.JPG

演奏を聴くだけじゃない、
自分たちで奏でるワークショップ。

とってもエキサイティングな時間を過ごすことができました。



2021年12月9日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2021年12月07日

演劇ワークショップ!

今年も
演劇ワークショップの時期がやってきました!



DSC07585.JPG

この時期に、何年も継続してやっている活動です。


演劇を通して、
自己表現の力や創造的な発想力、
仲間と一つの劇を作り上げる関係性を育みます。


DSC06289.JPG

おなじみのファシリテーターの皆さんに来ていただき、

なりたい役をみんな出しちゃう劇づくりや、
お題が出されるジェスチャーゲームなどに取り組みました。



DSC06268.JPG

小学校3つのクラスが2回のワークショップを体験し、
最終日の第3回目には発表会を行いました。


DSC06272.JPG

DSC06284.JPG

「たわしが次々と出てくるお寿司屋さん」
「絵本の中の物語」
「カマキリに襲われるちょうちょがホコリに助けられる話」

などなど。

DSC06294.JPG

今年も名作(?)がたくさん生まれましたよ。



IMG_3879.JPG

いったい何を演じているのでしょう?

DSC07559.JPG

自分の役になりきって、
躍動感のある演技を繰り広げています。

DSC06310.JPG



DSC06093.JPG

そんな彼らの自己表現を支えているのが、
ファシリテーターの皆さんです。


DSC05823.JPG

ファシリテーターの皆さんが、
いつも彼らの表現を認めてくれて、
より良くなるようにアドバイスをしてくれます。


おかげさまで、
今年も楽しいワークショップをすることができました!


2021年12月7日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2021年11月30日

焼き芋を食べたい!


DSCF6333.JPG

「去年焼き芋をやっておいしかったからまたやりたいな」

落ち葉の季節になったとき、
2年生の子がそんなことを言いました。

彼らは去年のこの時期も、
焼き芋をやっていたのです。

そのときの体験を活かして、
今年も焼き芋計画を始めました。


準備するものや、焼き芋の包み方などを考え、
本当に焼き芋をする前にいくつかのことを試すことにしました。


例えばマッチの擦り方

上手に火が点くようにマッチを擦ることができるか、
練習をしておきました。

「300gくらいの芋をまるごと焼きたい!」
「ジャガイモも焼いて、じゃがバターで食べたい!」

などと、食いしん坊ぶりを発揮していました。


いよいよやってきた焼き芋の本番!


DSC07522.JPG

事前に決めておいた分担で、
手際よく準備を進めます。




燃やす落ち葉は、
紅葉が始まってからせっせと集めていたものを使いました。
大きな袋に入れた落ち葉を、
2人がかりで協力して運びます。

DSCF6363.JPG

えっほ、えっほ。




DSC07526.JPG

練習していたマッチ。
上手にできるかな〜?


DSCF6411.JPG

やったね!
火起こしができました。

あとは、火の加減に気を付けて、
お芋を入れて焼きます。




DSCF6408.JPG

おき火でじっくり火を通すと、
中がやわらかーいおいしいお芋になります。

DSC07531.JPG

そうそうこの味!
これを食べたかったの!



DSCF6430.JPG

忘れられない味ですね。



ふり返りでは、
こんな言葉が出てきました。

「焼くのは大変だったけどおいしかった」
「エアーのリハーサルをもっとやっておけばよかった」
「40〜50分で焼けることが分かった」
「うちわをやりたかったときに、○○くんがゆずってくれてうれしかった」
「火の管理を他の人が手伝ってくれてよかった」



分担すること、
協力すること、
チームワークを良くすることなど、

1・2年生のみんなの姿からたくさん考えることができました。

DSCF6337.JPG

2021年11月30日
posted by greenhills-school at 17:38| 日記

2021年11月29日

校内で走ってケガをするのを防ぐには


DSC05896.JPG

グリーン・ヒルズ会議
最近話し合っていることについて紹介します。


議題は、
「校内で走ってケガをするのを防ぐためにはどうすればいいか」
というものです。


何度か廊下やホールで走っていてケガをすることが続いて、
話し合うことになった議題です。

いわゆる、
「廊下は走らない」
という、よくあるルールで済ませてしまいそうなことかもしれませんが、

大事なのは問題を自分たちに関係のあることとして、
自分たちで解決したいと思って行動すること、と私たちは考えています。



さて、
この議題についての取り組みはどのように進んだのでしょうか。


まず、
会議を運営するチームの子たちは、
「各クラスの会議で話し合って、アイデアを出してください」

と伝えて、
クラス内での会議を促しました。

DSC05895.JPG

その後
クラスで話し合ったことを伝え合います。



DSC05905.JPG

「廊下に中央線を書いて一方通行にする」
「ぶつかってケガをすると危ないことを体験させる」
「走っていい場所とそうでない場所の区別をつける」
「注意をしてもうまくいかなかったんだよ」
「注意の仕方も考えた方がいいね」



たくさんの意見が出てきて、
それをもとにさらに話し合いを続けます。



そして
会議を運営するチーム
「GH Meeting 2021」の子たちが意見をまとめて、

「校内に注意を促す看板を、みんなで作る」


という方法を試してみることにしました。

DSC06185.JPG

ただルールを設けるとか、
貼り紙で注意を呼びかけるとか、
それでは本当に問題を自分事として考えずに慣れてしまうと考えたそうです。

DSC06181.JPG

「道路標識みたいに」
という言葉があって、

それをイメージした看板をたくさん手作りしました。

DSC06186.JPG



DSC06355.JPG

できた看板がこちら。


みんなで話し合ってやってみたこの看板が
どのような変化を作るのか、

今後の様子に注目したいと思います。


DSC05902.JPG

2021年11月29日
posted by greenhills-school at 16:51| 日記

2021年11月26日

ecoキャンプをしよう!


5・6年生クラスが、
クラスで話し合って「ecoキャンプ」を計画しています。



DSC05655.JPG

これまで、
クラス会議を中心に話し合いを進めてきました。

最初こそ、
「誰か」の意見や考えを待つ時間が長かったのですが、
回数を重ねるうちにどんどん話し合うのが上手になってきました。


IMG_4055.jpeg

たくさん考えたり、準備したりするのにも声をかけ合って、
食事のことやスケジュールのことなど、
分担作業をして行っています。



IMG_3994.JPG

食事の手配も、
寝床の相談も、
レクリエーション作りも、

IMG_3971.JPG

自分たちで何とかします。

IMG_3991.jpeg




グリーン・ヒルズ会議では、
学校周辺を活動場所とすることについて事前に全校のみんなに連絡をしていました。

「私たち5・6年生は、クラスの課題を乗り越えるために、
エコキャンプを計画しました。」



DSC06389.JPG

「ちょっとうるさくなっちゃうかもしれないけれど、
ご協力よろしくお願いします。」


と、クラス全員で伝えます。




今回のキャンプに向けて話し合ってきたこと、
準備してきたこと、みんなの協働する力のすべての結果が、
このキャンプに表れます。



予定通りにいかないとき、
彼らはどうやって困難を乗り越えていくのでしょうか?

ecoキャンプ本番は、もうすぐです。


2021年11月26日
posted by greenhills-school at 16:54| 日記