2021年05月26日

1・2年生砂場の世界へようこそ!


本日からまたブログの通常運転再開です。

各クラスの今の活動の様子を
リアルタイムでお伝えしていきます。


1・2年生が今熱中しているのは、
砂場での川づくり。



走って水汲み.JPG

校長先生のせっちゃんが持ってきてくれた長い“とい”を使って、
バケツで汲んできた水を砂場に流します。

(水汲みも、大変! 時間がもったいないから、往復走ります!!)




植物を育てた島.JPG

島に植物を植えて、色とりどりに彩る子。




60にみえたよ!.JPG

出来た景色をオタマジャクシや、
数字(今日は60にみえたよ!)に見立てる子。


高い山をつくって、トンネルを掘る子。



虫が頂上に登ったよ.JPG

虫もやってきて、話に加わると、
1・2年生ワールドはもう止まらなくなります。







今日は、島をつくったけど、
食べ物がない!!


食いしん坊の担任のわかちゃんが、かわいそう!

ということで、畑をつくったり、食べ物をつくったして、

にぎやかな世界になりました。




だけど気になるのは、
環境と持続可能な活動であるということ。


環境にいかに優しく、楽しい暮らしを実現するかが、
みんなの課題のようでした。
プロジェクトを自分事として、考えられている瞬間でした。



中学生にもみてもらった.JPG

中学生が工事を始めてくれたビオトープも
こんな感じになったらいいな〜
と考えた1・2年生。

中学生を呼んできて、
自分たちで作ったワールドを見てもらいました。




「僕水汲んでくるよ!」
「ありがとう!!」


こんな言葉のやり取りが自然にできるのも、
素敵な関係が築けているから。

砂場遊びを通して関係性を築き、
プロジェクトにもつながる学びをしている子どもたち。



ノビルはちょっと、、、.JPG

授業の終わりに、採集したノビルを一口、がぶり。
さすがに、みんなにはちょっとからかったね。


2021年5月26日
posted by greenhills-school at 16:43| 日記

2021年05月25日

面談週間のこぼれ話E〜子どもたちはどう過ごしている?〜


S1940007.JPG

二ホンリスとハシブトガラスがケンカをしていました。


写真では見づらいのですが・・・、

DSC02447.JPG

DSC02444.JPG

校庭のツリーハウスのあたり、
去年1・2年生クラスが秘密基地を作っていたところで
カラスとリスの鳴き声がしていて、お弁当を食べていた子たちが発見。

明日もやっているかもしれないので、じっくり観察することにします。



さて、
面談週間も今日でひと区切り。



ところで、
お家の方が面談で担任とお話をしている間、
子どもたちはどのように過ごしているのでしょうか。


今日は、
そんなお家の方を待つ子どもたちの様子をお伝えします。



面談週間は、
子どもたちにとってはけっこう楽しみなようです。

というのも、
普段の放課後よりも長く遊べるから!



ある子は、
スクールバスの出発時刻を気にしなくていいことを喜び、
思いきり友だちと騒いで遊んでいました!

そのあと、羽目を外して注意されておりました・・・。



またある子は、
ダンボールで作った車にデジタルカメラを取り付け、

まるで車載カメラのような迫力ある映像を撮っていました!

アイデアと、それを実現させようとするこだわりっぷりに驚きます。



またある子は、
同じく面談を待っていた他のクラスの子と、
ポケモンクイズをして楽しんでいました。

お互いとっても詳しくて、
私が分からないクイズを作っては、どんどん答えていました。





そんな風にして、
思い思いに過ごしていた面談週間。

中学生の面談には、
本人も同席していわゆる三者面談となるのですが、

「高校進学をどうしようと考えている?」

という話題になったという子が、
後になって教えてくれたのが、

「高校って言ってもどんなところがあるか知らないんだよね〜。あはは〜。」


・・・だそうです。
そうだよね。

どんな高校があるかも知らずに、
「この高校に行きたいです!」
なんて言えないからね。

これから、調べたり、見に行ったりして、
自分の進むところを考えるといいですね。





個別面談での対話の時間を終えましたが、
引き続き日常のお子さんの姿や気持ちについて、
たくさんコミュニケーションをとっていきたいと思います。


保護者の皆さま、
ご協力くださり、ありがとうございました!


2021年5月25日
posted by greenhills-school at 18:56| 日記

2021年05月24日

面談週間のこぼれ話D〜バス会議〜


面談週間もあと少し。

今週も、
子どもたちの生活の中から見えた出来事を紹介します。


昼休みの終わり、
多目的教室に集まっている子どもたち。
集まって遊んでいるわけではないようです。


学年もクラスもちがいますが、
何やら話し合っている様子です。




「席を変えたらどうかな?」
「シートベルトを外さないようにしよう」
「声の大きさが気になるな」



なるほど。


スクールバスでの過ごし方について話す、
バス会議を行っているようです。


バス会議の様子.jpg


その日は、
「バスの中で遊ぶ声が大きくて困っている」

という議題で話し合っていました。

毎年、この手の議題で話し合いをしているのですが、
賑やかになりすぎてしまうのは、たいてい1・2年生です・・・。

彼らも頑張っているのですが、
いろいろな人がいっしょに乗るバスでの過ごし方は、
まだまだ練習中の段階です。




思えば、

「ねえ、○○がうるさくて注意してもやめないんだけど」

と言っている高学年の子たちは、
おんなじように低学年の頃に注意されて、
バス会議でじっくり課題と向き合った子たち。


君たちもあの頃そうだったよ!
とは思うのですが、
誰しもそんな時期を経て、
だんだんと周りのことを考えて過ごせるようになるんですね。


彼らが大きくなったときに、
小さい子たちにかっこよく伝えている姿を想像して、
明日のバスが来るのを迎えたいと思います。



今日は、
そんなバス会議の様子をお伝えしました。


2021年5月24日
posted by greenhills-school at 19:02| 日記

2021年05月21日

面談週間のこぼれ話C〜お弁当を作るのは・・・〜



DSC01244.JPG

グリーン・ヒルズでは、
昼食にお弁当を持ってきて食べています。



お家の方が毎日早起きをして作ってくれたお弁当。
午前の授業の最後には、

「お腹ペコペコ〜!」
「早くお昼食べたーい」


という声が聞こえてきます。



DSC01551.JPG

今日は、
そんなグリーン・ヒルズのお弁当の様子からお伝えします。




プロジェクトで料理に取り組んでいた子がいました。

ある日その子のお弁当をのぞくと、
おいしそうなオムレツが!


「これ自分で作ったやつかい?」

聞くと、嬉しそうにうなずきます。

「今日はバターをひいて作ったんだ」

と言って、
こだわって作っている様子を教えてくれました。
とってもおいしそう♪


自分で作るお弁当と言えば、
もう何年も、自分と兄弟のお弁当を作ってきている子もいます。

その子の作るお弁当も、
回数を重ねるごとに上達していくのが見えて、
兄弟の子もいつもおいしそうに食べています。


玉子焼きを斜めに切って互い違いに並べて、
ハートの形にしてみたり、

チャーハンそぼろご飯など、
喜びそうなメニューも作ったり。

工夫を凝らしたお弁当にいつも驚いています。


そんなグリーン・ヒルズのお弁当事情。

「ぼくのお弁当も見て!」
と言って見せてくれる子がいたら、
見せに来てほしいものです。


2021年5月21日
posted by greenhills-school at 18:21| 日記

2021年05月20日

面談週間のこぼれ話B〜山菜の天ぷら〜


山菜を食べました。

先日、
子どもたちと朝の散歩をしていたところ、
山菜をたくさん見つけてきました。

今日は、そんな山菜を採って食べたときの出来事をお伝えします。



散歩中に見つけたのは、
わらびとよもぎ。

子どもたちの中には、
お家でも食べるという子もいるらしく、
せっせと採って学校に持ち帰ります。



あく抜きをした翌日、
天ぷらにして食べてみることにしました!

IMG_6477.JPG


「うまいうまい!」
と言ってもりもり食べる子どもたち。

揚がるのを待ちわびすぎて、
あつあつのものを手で触ろうとする子も。



そんな中、
後ろにいて食べに来ない子がいました。


「みんな一つは味わってみようか」


と言っていたのですが、

「うーん・・・。」
と言って渋い顔。

ちょっと抵抗があるようでした。



でも、まわりの子があまりにもおいしそうに食べているものですから、

「やっぱり一口だけ食べようかな」

と手を出します。


そして、
「やっぱこれだけにする」

と言って、一口ぱくり。
「うん、おいしい!」


おお!食べてみたのか!
と思ったら、なんと天かす



たいそううまかったようです。


その後、
ちゃんとよもぎとわらびを食べてみていました。
お味はそれなりにおいしかったようです。




おおむね好評だった山菜の天ぷら。

食べすぎた子は、油で口のまわりをてからせて、
「あ〜、お弁当も食べたしお腹いっぱい!」

と満足そうでした。

また採ってきて食べようね。


IMG_2252.jpg

2021年5月20日
posted by greenhills-school at 18:51| 日記

2021年05月19日

面談週間のこぼれ話A〜週末は誰か来てるかな?〜


S1900015.JPG

戸隠で見かけたリュウキンカ
今日は子どもたちがバードウォッチングに出かけました。


そんな本日も、
子どもたちの普段の生活から
ちょっとしたお話をお伝えします。


グリーン・ヒルズの職員は、
週末に研修などで学校に来る機会があります。

そんなときに、
ほぼ必ず学校の窓から顔を見せる子がいます。



「あ、今日は○○さんが来てるんだ!」


にっこり微笑むその顔に、
職員も力をもらっています。


学校の周りには、
徒歩で来る子もけっこういて、
週末や夏休みなどの機会には遊びに来る子がたくさんいるようです。

1人で来る子や、
家族、友だちといっしょに来る子などがいますが、
たまにいる職員に声をかけて笑顔を見せてくれることが
何よりうれしいところです。


お山で暮らす子たち、
近くに学校があることで遊びに行ける楽しみもありますね。


2021年5月19日
posted by greenhills-school at 17:34| 日記

2021年05月18日

面談週間のこぼれ話@


今週は、
学校のスタッフとお家の方がお話する
個別面談週間です。


学校生活のこと、
お家での過ごし方のこと、
学習のことや友だち関係のこと。

または小学校・中学校を卒業した先の進路のことなど。


子どもたちのより良い育ちのためにじっくりと対話をします。



そんな今週は、
いつものブログはお休みして、
普段の学校生活で起きたちょっとしたこぼれ話を紹介します。





先日、
長野県立美術館で行っている企画展
My SDGs展を見学したことをお伝えしました。

その展示にさらに興味をもって、
週末にまた美術館を訪れた子がいました。


そんな彼は、
企画展の主催者、学校法人岡学園トータルデザインアカデミーの学校長、
岡正子さんにお会いしたそうです。




海洋生物に興味があると言ったその子。
マイクロプラスチックで海が汚れていることを伝える展示を、
たいへん興味深く観ていました。

自分の知っている知識を披露した彼。

岡先生から
「すごい詳しいですね!」
という言葉をもらい、とてもうれしかったそうです。

「授業のゲストに来てほしい」という言葉もいただいたと言います。

海洋生物に関係する展示について、
おみやげまで頂いたようで、


「たくさん勉強して、岡学園の授業のゲストに早く行けるようになりたい!」


という意欲を見せていました。
後でパンフレットなどを見て、
自分の会った先生がすごい人だったことを知り、
おどろいたという彼。


学校の外でも自分の興味から行動して、
いろいろな人と出会っていることが分かりました。

明日からも、
そんな子どもたちの普段の生活をお伝えします。


2021年5月18日
posted by greenhills-school at 15:00| 日記

2021年05月17日

雨の日も摘果作業


梅雨入りの気配漂うりんご園。


IMG_6446.JPG

カタツムリたちにとっての恵みの雨はしかし、
作業する子どもたちの気分を下げていました。


「ねえ、今日りんご園行く?」
「雨けっこう降ってるよ」


雨の日はお家から出ずに、
家でできる遊びをするのが当たり前。


けれども今日は、
雨の日の作業も体験してみることにしました。


雨の日の農作業ってどんな感じなんだろう。

「くつやズボンや、軍手が濡れて大変!」とか

「枝に触れると葉っぱから雨粒が降ってくる!」とか

普段は感じない大変さを感じてきました。



IMG_6461.JPG

作業は、摘果作業。


受粉を終えた、
りんごの小さな実を摘み取ります。


IMG_6451.JPG

そうして、
大きく育つ実を一つ残す作業です。


IMG_6457.JPG


出発前、
「今日は、みんなで苦労してみようね」

と伝えていました。
帰り道には、6年生の口からも
「今日は疲れたな〜」
という言葉が聞かれました。


IMG_6456.JPG

そんな、大変さや苦労を経験すると、
あとでふり返ったときに、

「あの時雨のなか、がんばってたじゃないか」

って、なつかしく思い出せることでしょう。



IMG_6464.JPG

二ホンアマガエルも喜ぶ、
雨の日のりんご園プロジェクトでした。


2021年5月17日
posted by greenhills-school at 16:21| りんご園プロジェクト

2021年05月14日

1・2年生 アスレチックゲーム!!


むむ??
グリーンヒルズに、アスレチックなんてありました?
と思った方は、私だけではないはず!


そうなんです。グリーンヒルズには、アスレチックはありません。



しかし!本日の1・2年生のスポーツの時間、

なんと校庭にアスレチックがあったんです!




DSCF4587.JPG

それはたとえば、校庭にあるどうだんつつじの垣根




DSCF4607.JPG

たとえばツリーハウス



坂の校庭

カラマツやシラカバなどの木々

それにあの大きな石




いろんなものが、アスレチックに変身していたんです。




1・2年生のみんなは、軽々と木をすり抜け!

DSCF4597.JPG

颯爽と走り、またまた石を飛び越えて、

まるで忍者のようでした!




DSCF4609.JPG

2周目は、挑戦したい!子と、マラソン大会の中継車のように、
中継してくれる子、カメラマンになってくれる子、観客に分かれました。

ボイスレコーダーを使った、本格的な中継は、臨場感がありました。
カメラマンの子たちは、正面から選手を捉えようと、先回りして
絶好のアングルでカメラを構えていました。



DSCF4613.JPG

観客席からは、絶え間ない応援で、選手を励ましていました。



今あるものを遊びに変える力。
自然の物を自分たちの世界に引き込む力。

とっても素敵でした。





DSC02375.JPG

一日の終わり、
ゆっくり読書をする様子。


2021年5月14日
posted by greenhills-school at 15:41| 日記

2021年05月13日

水辺の調査を行いました。



IMG_9863.JPG

中学生のクラスプロジェクトについて紹介します。

今年は、
ビオトープの再生を軸にクラスの活動がスタートしています。
かつて取り付けた底面のシートが劣化したことや、
汚泥がたまった事による水景の変化などが再生の主な理由です。




中学生クラスには、
小学校から6年以上グリーン・ヒルズに通っている人もいれば、
今年から新しく仲間に加わった人もいます。



そこで、
ビオトープのプロジェクトにつながる、
学校周辺の水辺の調査に出かけました!



まずは、
飯綱高原スキー場跡「づなっち広場」にある湧き水のところへ行きます。




DSC_0013.JPG

けっこう深い水源から、
こんこんと湧き出す透明な水。

湧いた水のまわりが、
茶色く変色しています。




IMG_9851.JPG

ここは、
「飯綱鉄鉱泉」と呼ばれる、
鉄分を含んだ炭酸分のある水でした。

飲んでみると、本当にシュワシュワとするそうです。




IMG_9856.JPG

この水はどんな成分でできているのでしょう?
他の水辺とも比べるために、
「pH」
「亜硝酸態窒素」
「リン酸」
「COD(化学的酸素要求量)」
について、
パックテストによる水質検査を行いました。

汚れ具合や、水に含まれている成分を調べます。




IMG_9852.JPG

真剣な眼差しで
検査紙の変化を見守ります。





他にも、
県道404を東へ進むこと約5km。


IMG_9821.JPG

鳴岩(なるいわ)
と呼ばれる大きな一枚岩があります。

IMG_9825.JPG


その岩の下に、飯綱山の方から流れてきている水が出ていました。


日かげになって涼しいところから、冷たい水が出ています。
こちらの水も透明で、まわりにさび付いた様子もありません。






他にも、山を少し下ったあたりにある、
浅川大池の水も調べました。

IMG_9869.JPG

そこの水は、
他の2種類と比べて水温が明らかに高いことが分かりました。




これらの水は、
なぜこんなにもちがっているのでしょう。


調査をしていた中学生もおどろきです。
まだまだ飯綱にはふしぎなことがたくさんあり、
水辺だけでもたくさんのことが学べそうだということが分かりました。




DSC02345.JPG

帰ってきた彼らは今、
ビオトープの再生に向けてさらに活動を進めています。




DSC01578.JPG

昨年度までの取り組みを思い出し、
再生しようとしているビオトープの構想を考えていました。


小学生たちにとっても魅力たっぷりのビオトープ。
中学生の手によって、さらに良いものに生まれ変わることを
楽しみにしています!


IMG_9867.JPG

2021年5月13日
posted by greenhills-school at 17:08| 日記