2021年10月21日

病気の枝のお世話をしよう


りんご園プロジェクトの最近の活動をご紹介します。


畑もすっかり秋の装いで、
青々としていた葉っぱも少しずつ枯れてきています。

IMG_7153.JPG



畑へ向かう道端には、
カマキリがのっしのっしと歩いていて、

IMG_7158.JPG



草刈りをしていたら、
トノサマガエルが見上げていました。

IMG_7160.JPG




収穫を間近に控えたりんご園ですが、
グリーン・ヒルズがお世話を始めて5年目の今年は、
悩ましいときを迎えています。

りんごの木の生育状況が良くなく、
実のなり方にも影響が出ていたのです。

「なんだか葉っぱに元気がないね」
「実が小さくないかな」
「変な実があるよ!」



IMG_7288.JPG

大人も子どももまだまだ勉強不足。
病気の見分け方や対処の仕方もまだまだで、
農家の方に教えてもらいました。


IMG_7284.JPG

「腐乱病」という枝の病気を対処して、
枝の手入れの仕方を教わりました。


作業から帰った子どもたちは、
学校で別の活動をしていた子たちに報告します。


DSC05300.JPG

「枝を切る時は、切り口が上に向くと雨水がたまっちゃうから、少し斜めになるように切らないといけない」

実際に農家の方から教わった子たちは、
実体験を伴って枝の手入れを学ぶことができました。




さてさて、
学校で活動していた子たちは何をしていたのでしょうか。

DSC05287.JPG

いまりんご園プロジェクトは、
「販売計画チーム」
「加工品づくりチーム」
「長沼取材チーム」


と、縦割りの3班に分かれて活動をしています。



DSC05284.JPG

ひとチームが農作業に行っているときは、
残り2チームが校内で別の活動をしていました。

そのお話についてはまた今度お伝えします。


2021年10月21日
posted by greenhills-school at 16:00| りんご園プロジェクト

2021年10月19日

芋井小とボッチャ体験!


夏のパラリンピックで観た、
「ボッチャ」というスポーツを体験しました。

DSC04843.JPG

学校でも9月に何度か体験して、
障がいの有無にかかわらず楽しめて、しかも想像以上に奥が深いスポーツでした。



今回は、
そんなボッチャを通して、
芋井小学校の子どもたちと交流しました。



IMG_7254.JPG

5・6年生と中学生が芋井小に到着すると、
準備万端の子たちがお出迎え♪


さあ、
ボッチャの試合をして競い合います。

「どんな子たちだろう?」
「めっちゃ強かったらどうする?」


と、行く前から緊張していた子たちですが、
いざ試合が始まると真剣にボールを投げ、
ジャックボールという基準になるボールをねらいます。




IMG_7273.JPG

試合は、
芋井小チームがポイントを重ねて、グリーン・ヒルズは劣勢。


IMG_7270.JPG

最後の試合では、
ギリギリまで優勢だったのですが、
最後に投げた一投が自分たちのボールに命中。



IMG_7267.JPG

なんと、最もジャックボールに近かったボールを遠ざけてしまい、
惜しくも敗戦。



IMG_7278.JPG

「途中まで勝ってたのに〜!」

と悔しがっておりました。



ともあれ、
スポーツを通して交流すると、
初めて会った人ともつながることができますね。
今度やるときは私たちが勝つことはできるのでしょうか。
また別のスポーツでも交流してみたいですね。


IMG_7258.JPG

芋井小の皆さん、
ありがとうございました!



2021年10月19日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2021年10月15日

焼き芋グーチーパー♪


やっきいっも やっきいっも
  おーなかーが ぐー!



DSC05215.JPG

焼き芋の季節でございます。
ハロウィン飾りもステキですね。



今年も、
1・2年生クラスが焼き芋パーティーを計画しているようで、

DSC05217.JPG

「何を考える必要があるか」
「焼き芋をしてどんな力がつくか」


といったことを話し合っていました。




それに先立って、
この日はスペシャルタイムで焼き芋を体験しましたよ。

DSC05259.JPG

キャンプ入門をテーマに活動している子たちが、
火おこしをして焼き芋♪



アツアツのU字溝に、
濡らした新聞紙とアルミホイルでくるんだお芋を・・・、


DSC05250.JPG

投入!



おいしく焼けるかな?



DSC05258.JPG

待ってる間は、
スラックラインで遊んでいました。




DSC05264.JPG

さあ、

取り出してアルミホイルと新聞紙をはがしていきます。
焼き具合はいかがでしょうか?
ドキドキ!





DSC05278.JPG

上手に焼けました〜!!



参加した1・2年生も、
火おこしやお芋の焼き方を学んだようでした。

これでクラスで焼くときもバッチリだね!


食欲の秋ですね〜。

DSC05271.JPG


2021年10月15日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2021年10月11日

秋のスペシャルタイム!


小学校のスペシャルタイムの活動を紹介します!


この秋は、
3つのプログラムから選択して活動しています。


まずは、
おなじみの「乗馬」

363F0534-4D99-49D9-87E2-1A61EAA9F46C_1_105_c.jpeg

地域にある飯綱高原乗馬倶楽部に行って、
馬とふれあい、乗馬の技術を学ぶプログラムです!

今年から始めた子も、
1学期から続けていてとっても上手になりました。


IMG_3238.jpeg

馬と心を通わせて、かっこよく乗りこなして見せます。



次に、
音楽を楽しむ「ドレミチーム」

DSC06860.JPG

芸術の秋にふさわしく、
音楽を演奏して楽しむプログラムです。

しかも、今回使う楽器は
「ドレミパイプ」という筒状のもの。

長さの違いで音階を作り出し、
叩くことで音を奏でます。

DSC06861.JPG

自分たちで選んだ曲を楽しく演奏しています♪




そして、
野外活動を楽しむ「キャンプ入門」


DSC04466.JPG

テントの張り方や火おこしの仕方、
キャンプ道具の扱いなどを体験して学ぶプログラムです。

DSC04725.JPG

上手に火を起こせれば、
こうやっておいしい体験もできるのがうれしいですね。


さあ、2学期の秋も、
興味関心の広がるスペシャルな体験をたくさんしてもらいたいと思います。


2021年10月12日
posted by greenhills-school at 17:00| 日記

ながとよマルシェ


DSC05193.JPG

10月の晴れた休日。


ながとよマルシェ.png

赤沼で開かれた、
ながとよマルシェ
おじゃましてきました!


DSC05198.JPG

「2019年台風19号の被害にあったりんご農家さんを応援しよう」


という思いで始まった小学校の復興支援プロジェクト


DSC05197.JPG

そのなかで関わりをもつことができた団体さんが主催し、
あるいはお店を出してマルシェを盛り上げていました。


DSC05195.JPG

プロジェクトに関わった小学生と保護者の方も駆けつけて、
イベントのお手伝いをさせていただきましたよ。

DSC05200.JPG

食で、体験で、パフォーマンスで、
災害から2年経った今でも支援を必要とする方のためや、
地域の活性化のために努力を惜しまない人々のイベントでした。


2021年10月11日
posted by greenhills-school at 16:48| りんご園プロジェクト

2021年10月08日

5・6年生クラスでポスター発表


ある日の5・6年生クラスのサークルトーク。


DSC05169.JPG

トークテーマは、
「もしも宇宙人がいるとしたら、それはどんな姿、形、性質?」


以前は
「もし空気が無くなったら」
みたいなことをテーマに話していたように思います。

自由度の高いテーマで想像をふくらませて、
正解や絶対ありえない、といったことのない対話を楽しみます。



さて、
そんな5・6年生クラスが、
社会科見学で出かけた環境エネルギーセンターについて、
まとめのポスターを作成してクラス発表会を行いました。


IMG_3424.JPG

彼らはこうして、
発表の経験やまとめの力を蓄えているのですね。

まとめをしている間も、
「あと少し時間をくれー!」
というこだわりを見せていただけあって、
一人ひとりのポスターのボリュームがすごい!


IMG_3425.jpeg

自分の見たこと、聞いたことを、
一枚の模造紙では足りなくて、
下に継ぎ足し継ぎ足し書き込んでいる子もいました。


DSC05102.JPG

イラストも加えて分かりやすく発表する様子は、
「さすが」といった感じです。




IMG_3430.jpeg

先日は、
「お祭りの打ち上げだー!」
と言って盛り上がっていた彼ら。

そんな先輩の姿に、
となりの教室の3・4年生も

「5・6年ってにぎやかだねえ」

とにっこりでした。


2021年10月8日
posted by greenhills-school at 18:12| 日記

2021年10月05日

ぜったいたのしい秋祭り!


澄み渡った秋晴れの空の日。

5.JPG

4.JPG

校庭で準備を進める小中学生。





この日は、
こどもの森幼稚園と、
グリーン・ヒルズ小中学校の子が交流するお祭りを行いました。


1.JPG

その名も、
ぜったいたのしい秋祭り

7.JPG

お祭りの中のステージ企画を考えたホストリーダーが決めました。

幼稚園の子たちがグリーン・ヒルズの校庭まで来て、
小中学生が作ったお店で遊んだり、
いっしょに遊んだりして交流するお祭りです。

6.JPG

こちらは開会式で行った、
有志のバレエチームによるパフォーマンス。






各クラス、幼稚園の子が楽しめるように、
クラスで協力していろいろなゲームを考えました。



13.JPG

1・2年生クラスは、
ビー玉転がしやゴミの分別ゲーム、輪投げを手作り♪
プロジェクトのテーマ「クリゴレンジャー」と関連づけたゲームコーナーです。

8.JPG




9.JPG

3・4年生クラスは、
「栄光のエコエコ祭り」と名付けて、素材のほぼすべてをリサイクル品から調達。
理科で学習した風輪(かざわ)のレース・釣りコーナー・射的ゲームを用意しました。

14.JPG




10.JPG

5・6年生クラスは、
大きな船から釣り上げる釣りコーナーと、手作りランタンなどが作れる工作コーナー。

15.JPG

18.JPG

お客さんを呼ぶときも楽しそうに!




DSCF9674.JPG

中学生クラスは、
段ボールで作った玉入れゲーム。
体を動かして楽しむゲームで、手作りのプラバンが景品としてもらえます。

11.JPG

17.JPG



DSCF9683.JPG

楽しい楽しいゲームで遊んだ子どもたち。
今度は障害物競走です!

DSCF9787.JPG

これはホストリーダーの子たちのアイデア。
みんなで走って競走すれば、きっと楽しく仲良くなれるはず!

DSCF9781.JPG





最後はみんなで歌って踊ります。
幼稚園のスタッフあっちゃんが作曲した
『どどんがどんどんあきまつり』という曲です。

DSCF9805.JPG

幼稚園児が「お祭りと言えば?」と考えて思いつく言葉を歌詞にしました。


DSCF9809.JPG

太鼓のリズムで回って踊ります。






DSCF9825.JPG

最後まで楽しんだ子どもたち。
園児から小中学生に、メダルのプレゼントもありました。

今年は、保護者の皆さんが参加していっしょに楽しむことはできませんでしたが、
来年以降、少しずつ参加できる人を広げて、さらにたくさんの人が交流できるお祭りを作りたいと思います。




DSCF9630.JPG

ステージに集まって閉会宣言です。
「おしまいおしまい〜」

DSCF9798.JPG

2021年10月5日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記

2021年09月30日

自分で作れば長く使う!


3・4年生クラスのプロジェクトのご紹介です。


DSC04890.JPG

この日訪れたのは、
陶工房 楽 RAKU


飯綱高原にある、陶芸体験をやっているお店です。



工房には、
たくさんの魅力的な器がありました。

こんなものを作れるのかな〜

とみんなワクワクです。



DSC04892.JPG

作業場に入ると、
いよいよ陶芸家の気分。

先生から渡されたのは、
うすーく伸ばした粘土


DSC04919.JPG

この粘土を切ったり模様を付けたりして、
自分だけのお皿を作るのです。
スタンプやクッキー型などを使って、いろいろなデザインを楽しめます。


DSC04917.JPG

「どんな模様にしようかな?」
「あのスタンプかわいい!」

ワイワイと作業をしていると、
だんだんとお皿の形ができあがっていきます。

DSC04926.JPG

DSC04923.JPG

「ねえ、このお皿で何食べる?」
「穴が空いてたらスープとかこぼれちゃうよね」


お皿ができたときのことを想像して、
早くも食べ物をのせることが楽しみになっています。

そもそも、
どうしてこの陶芸体験をすることになったかと言うと、
そこには、クラスのプロジェクトの大事な大事なねらいがあったのです。


DSC04906.JPG

環境問題について学んでいるときに、
「大量生産と大量廃棄」という現実を知った子どもたち。

「なんでこんなにもったいないことが起きるの?」

という純粋な疑問がプロジェクトの始まりでした。


彼らの疑問はやがて、
「自分たちで作ったモノなら、大事に長く使うはず」

という仮説に行きつきました。




DSC04922.JPG

だから陶芸体験。


DSC04932.JPG

この楽しい体験が、
大量生産と大量廃棄の問題に対する、
私たちクラスのできることにつながっていたのです。

「これぜったい大事にするよ!」

と、完成を楽しみにする彼ら。
最後は教えていただいた先生といっしょに記念写真です。


DSC04935.JPG

陶工房 楽 RAKUさん、
ありがとうございました!


おまけ

陶芸教室を後にした3・4年生、
大座法師池の湖畔にできる「森の駅」の様子をのぞきに行きました。

ここも、プロジェクトの活動で取材に来たかった所です。


DSC04943.JPG

そこにいたのは、せっせと絵を描くお兄さん。

TOMOYAARTSという、アートを生業にする方でした。

「仮囲いアート」といって、工事現場の囲いに現場で働く人々の顔を描いていました。

地域を彩り、地域とつながるステキな活動です。



DSC04944.JPG

こんなところにもSDGs!



DSC04956.JPG

めいっぱい楽しんだ3・4年生。
たいへん思い出深い一日となりました。


2021年9月30日
posted by greenhills-school at 18:07| 日記

2021年09月28日

お祭りの準備をしよう!


秋分の日も過ぎて、
秋晴れの日が続く飯綱高原。

DSC04852.JPG

ニホンカナヘビの赤ちゃんがたくさんいる所を見つけました。


最近、
子どもたちがせっせと取り組んでいることがあります。


DSC04676.JPG

中学生クラスの教室に積み上げられた
段ボールのタワー。




実は、
間近に迫ったお祭りの準備をしていたのです。



例年この時期には、
学園フェスティバルというイベントを行っていました。

いいづな学園に関わる、
大人と子どもが大集合するイベントで、
たくさんの人が交流できる一日でした。


けれども、
ご存知新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、
昨年度の学園フェスティバルは中止


今年は変異株ウイルスの影響で計画を見直すことにしていました。

その結果決めたのが、
こどもの森幼稚園の子と、
グリーン・ヒルズ小中学校の子が交流するお祭り

その名も、
「ぜったいたのしい秋祭り」

このお祭りのために集まった
ホストリーダーが名前を決めました。


DSC04675.JPG

先ほどの段ボールの山は、
秋祭りに出すお店の準備をしていたんですね。
彼らは大きな的当てゲームを計画しているようです。


小中学生が出すお店には、
飲食物の提供は無く、
主にゲームやもの作りなどの体験コーナーを準備しています。



今週は、
各クラスが協力して準備を進めていました。



DSC04873.JPG

1・2年生クラスは、
木を使った迷路のようなゲームを作っています。
ビー玉を転がすことができるようです。





3・4年生クラスも、
「エコ」をテーマにしたゲームコーナーを考えているようです。

DSC04827.JPG

じっくりと話し合っていました。



DSC04834.JPG

5・6年生クラスは、
工作の体験コーナーを考えているようです。

DSC04832.JPG

大量の新聞紙を集めて何を作っているのでしょうか?



幼稚園でも、
お祭りの歌とダンスを考えて、
小中学生の出すお店を楽しみにしています。


図1.jpg

さあさあ、
準備も進んで楽しみになってきた秋祭り、
当日がいいお天気になりますように!


2021年9月28日
posted by greenhills-school at 17:00| 日記

2021年09月24日

タカの渡りを見に行こう


DSC04799.JPG

ヤマボウシの実が色づいてきた秋晴れの日。




秋の名物「タカの渡り」を見に出かけました。

DSC04766.JPG

出かけたのは、
飯縄山が見事に見える浅川大池



ここでは、
本州から南下して東南アジアへと向かう、
タカやワシといった猛禽類が渡っていく様子を見ることができます。


理科講師のしもちゃん曰く、

午前中からお昼にかけて
気温が上昇するにしたがって、

「鷹柱」という現象を見ることができるそうです。




DSC04784.JPG

3・4・5・6年生の子たちは、
新しい双眼鏡を構えてその瞬間を待ちかねていました。

「どこかな?」
「飯縄山の頂上が見えるよ」
「あっちの山は何かな?」



DSC04772.JPG


池の向こうの茂みには、
アオサギなどの水鳥を見つけることができました。

「向こう向こう!あのおうちの方!」



DSC04782.JPG

だんだんと操作にも慣れてきました。



でも、

待てども待てどもタカやワシは現れません。


見つけたのは、
遠くを飛ぶトビが数羽。



DSC04786.JPG

初めのテンションもちょっぴり下がって、
すっかりまったりしてしまいます。


どうやら、
この日は朝から温かい風が南から吹いて、
タカの渡りは見られなかったそうです。


居合わせた探鳥家の皆さんも、
すっかり腰を下ろしてまったりしていました。


これには子どもたちも残念そう。

それでも、
たまにトビや飛行機を見つけては、

「いたいた!あっちの電柱の方!」
「いま林の方に入った!」
「カメラで写真撮れたよ!見て!」


と、盛り上がっておりました。
もっとたくさん飛んでくる様子を見たかったですね。


DSC04769.JPG

彼らが「鷹柱」を見る機会はあるのでしょうか?


2021年9月24日
posted by greenhills-school at 16:00| 日記